『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』プレミアムトークイベント

田中圭、浴衣姿で「ただいまです!」ファンからの「おかえりー!」に笑顔

13日、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)のプレミアムトークイベントが都内で開催され、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎、瑠東東一郎監督が浴衣姿で登壇した。


2018年4月期に放送された『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は、“おっさん同士”のピュアな恋愛模様を描き、話題となった人気ドラマ。劇場版ではドラマでお馴染みのキャストに加え、新たに沢村、志尊らが参戦。おっさんたちの愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>が、再び幕を開ける。

キャスト陣は人力車に乗って会場入りすると、マスコミのサウンドバイツに応じた後、レッドカーペットを歩きながらカラーボールを客席に投げ込むファンサービスで会場を沸かせた。

モテない独身ダメ男・春田創一役で主演を務めた田中は、ステージに上がると「ただいまです!」とファンに挨拶。会場からは「おかえりー!」と温かい声援が上がった。
撮影の感想を聞かれた田中が嬉しそうに語ったのはお泊りロケの話。イケメンでドSな後輩・牧凌太役の林と初めて真面目な話をしたという。林からは「平成最後の満月の夜だったんですよ」とロマンチックな言葉も。お泊りロケに参加しなかった吉田が「いっつも二人が仲良くしてるんだよね」とヤキモチを妬く場面もあり、会場に笑いを生んだ。

新キャストの志尊は「映画から入るということで少し不安もあったんですけど、こうしてみなさんの熱を直接感じることができてうれしい」と安堵の表情。同じく新キャストの沢村は「サウナのシーンはDVDでモザイクになるんですけど、劇場版ではモザイクなしでいきます!」と冗談で場を和ませ、「沢村さん、適当なことは言っちゃダメ」と田中からツッコミを入れられていた。
予告篇にも登場するサウナシーンだが、吉田も「すごく大変だったけどすごくやりきった」と印象に残っている場面として取り上げた。

映画を手掛けた瑠東監督は「すごいのが撮れた。120%のすごい熱量のお芝居で」と手応えをにじませ、クランクアップのときの吉田の「何一つ楽なシーンはなかった」という言葉通り「熱く演じきってもらった作品なので楽しんでほしい」とアピールした。

最後は主演の田中が「この作品でもっと日本が暖かくなるんじゃないかなとか、愛情に溢れるんじゃないかなっていうのは本気で思っています」と熱い想いを語り、「公開してからも『おっさんずラブ』をよろしくお願いします」と締めくくった。

トークイベントの後はスキマスイッチによるLIVEイベントが行われ、本作の主題歌「Revival」などが披露された。


関連記事