• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
「~Do my best~じゃ意味はない」MV

乃木坂46、ニューシングルから4期生楽曲&アンダー楽曲のMVを同時公開

乃木坂46の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(9月4日発売)にカップリング収録される楽曲「図書室の君へ」と「~Do my best~じゃ意味はない」の2曲のMusic Videoが公開された。


初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-Bに収録される「図書室の君へ」は、4期生による楽曲。
7月中旬に千葉県内のスタジオにて撮影されたMusic Videoは、メガネというものを知らない女の子たちが、視力が落ち、初めてメガネを掛ける金川紗耶をきっかけに、クラスの間で急にメガネブームがやってくるという内容。
視力検査用の小道具などは全てオリジナルで用意したものらしく、「このメンバーがどうしてこれで視力検査をしているのか?」という答えを探るのも楽しい一面とのこと。
またダンスの振り付けにもメガネを使った独特の“メガネダンス”が取り入れられている。
監督は、乃木坂46のMVや個人PVなど多数の映像作品を手掛けている伊藤衆人が務めた。

初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-Dに収録される「~Do my best~じゃ意味はない」は、アンダーメンバーによる楽曲。
7月中旬に東京都内のスタジオにて撮影を行ったMVは、晴・曇・雨・雪などの天候の変化と、人間の気持ちの変化をリンクさせたものとなっている。
スタジオ内で実際に雨や雪を降らせたことで、フォーメーションの立ち位置によっては濡れるメンバーと濡れないメンバーがおり、現場ではそれぞれが「助からない」「無事だった」などと安全確認をしながら撮影していたというエピソードも。
また、こちらのダンスでも今回のMusic Video用に傘を使用した“傘ダンス”が見所のひとつとなっている。
23rdシングル「Sing Out!」収録のアンダーメンバー曲「滑走路」のMusic Videoを手掛け、今作が2回目となるビジュアルプロダクションmaxillaが当作品を手掛けた。

両作品とも、このMusic Videoでしか見られない“オリジナルダンス”に注目だ。




関連記事