「かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」初日舞台挨拶

キンプリ平野紫耀、タピオカブームを先取り「原宿が俺についてきた」

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』が6日に封切られ、平野紫耀(King & Prince)、橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈が都内の劇場で行われた初日舞台挨拶に登壇した。


作品の内容にちなみ、「プライドが高すぎてできないこと」を発表する場面では、極度のアイス好きを公言している佐野が、「店員さんが気づいてくれるときにちょっといいやつ買っちゃおうかなって」と、つい見栄を張ってしまことを告白するなどする中、平野は「プライドが高すぎて流行に乗ることができない」と書いたフリップを公開。「なんか自分を貫きたいという感じがある。2年前とかに俳優の皆さんがよく履かれていたガウチョパンツとか、正直履きたかったんです。プロデューサー巻きもめっちゃ流行ったじゃん?渋谷とかみんなプロデューサーみたいな。僕もプロデューサーになりたかったんですけど、なんかプライドが邪魔をしてなれなかったですね」と、流行に乗ることに抵抗があると語る。
現在、本当は乗りたいが乗れない流行について聞かれると、「今は流行りをわからないようにしてる。何が流行ってるのか、タピオカくらいしか知らない」といい、「タピオカは小中学生くらいから自分で作って飲んでたんですよ。だからようやく原宿が俺についてきた」と豪語して会場を笑わせた。
アドバイスを求められた共演陣は「僕らからしたら紫耀ちゃんが流行。僕の友達も髪型を真似したいって言ってた」(佐野)、「流行に乗らないで自分で流行を作っているスタイルで良いと思う」(橋本)と助言。平野は「すごい。ロックンローラーみたいだね」と、天然な返しで再び会場を和ませていた。

映画は、赤坂アカによる同名漫画が原作。両想いの天才2人が、相手に“告らせたい”一心で繰り広げる、超高度な恋愛頭脳戦を描く。


関連記事