「人間失格 太宰治と3人の女たち」公開記念舞台挨拶

小栗旬、不慣れなラブシーンに「役者失格」と反省 沢尻エリカは「もっと来いよ!」と胸中吐露

俳優の小栗旬、沢尻エリカ、二階堂ふみ、千葉雄大が14日(土)、都内の劇場で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開記念舞台挨拶に登壇した。


本作は、太宰治のスキャンダラスな恋と人生を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化。太宰を小栗、太宰の正妻・美知子を宮沢りえ、作家志望の愛人・静子を沢尻、最後の女・富栄を二階堂、静子の弟・薫を千葉がそれぞれ演じ、蜷川実花監督がメガホンをとった。

舞台挨拶ではキャストが撮影現場でのエピソードを明かすことになり、作家志望の愛人・静子を演じた沢尻が、初日に撮影したという小栗とのキスシーンについて「慣れてらっしゃるのかなと思ったら、“全然来ないな?”みたいな。聞いたら、どうやらそういうのやったことがないみたいで、すごい意外だった」と暴露。「胸を触るように」と指示したという蜷川監督は「何回か言ったけど、結局触ってないんだよね」と裏話を明かし、沢尻は「“全然来ないな?もっと来いよ!”みたいな」と肝の座った発言で会場を笑わせた。
当の小栗は「役者失格だなと思った」と肩を落とし、「いざ『触りなさい』って言われたら恥ずかしくて。みんなよくこんなことしてるなって」と苦笑。「あの晩とてつもなく反省しました」と苦々しく振り返った。

一方、二階堂は「小栗さんがガリガリに痩せていって、最後のシーンでスタッフの方がバタバタしはじめて、どうしたんだろうと思ったら、痩せすぎてて足が動かなくなってたみたいで、塩水に足を浸けてたのを見た時に小栗さんの役者魂を感じた」と、細身の太宰に近づくため撮影開始までに大幅な減量を敢行し、撮影中も結核で身体を壊していく様を表すために減量を継続した小栗の役者魂に舌を巻いた。
塩分不足による脱水症状を起こしたようで、小栗は「僕の減量ミスですね」と苦笑い。「もう少しちゃんと計算してそこにたどり着いていればよかったんですけど、最後の最後にガツッと落とそうと思ってちょっと無理な減量をしたらやっぱり身体にきたっていう感じで。あれはちょっと勉強不足な自分が無茶した結果だった」と、今だから笑って話せるエピソードを披露した。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、9月13日(金)より全国で公開中。


関連記事