• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
欅坂46 「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム」

欅坂46初の東京ドーム公演開催 平手センターの「不協和音」と“幻の楽曲”初披露にファン大熱狂

欅坂46が8月の仙台公演を皮切りに開催してきた「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演として、9月18日(水)・19日(木)の2日間にわたり、初の東京ドーム公演を行った。


仙台、横浜、大阪、福岡をまわった「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」の全公演完売を受け開催が決定した追加公演。欅坂46は2016年4月のデビューから3年5ヵ月という短期間での東京ドーム公演実現となった。

メインステージに1人姿を現した平手友梨奈がしなやかに舞い踊りながら、グランドピアノの鍵盤を叩くと、緑一色のペンライトの光に包まれた会場に「Overture」が鳴り響いた。
赤と黒の衣装に身を包んだメンバーが登場し、1曲目に繰り出されたのは「ガラスを割れ!」。会場の大型スクリーンに映し出された、髪を無造作に掻き上げる平手の鋭い眼光にどよめきが起こる。力強くキレのあるダンスパフォーマンスを挟みながら「語るなら未来を…」「Student Dance」とクールなサウンドの楽曲で東京ドームを欅坂46の世界観で満たしていく。グランドピアノの上で舞い踊る平手のソロダンスの後、「エキセントリック」へと
続いた。

最初のMCではキャプテンの菅井友香が、満員の東京ドームに「欅坂46のライブをこれだけ見たいと思ってくださる方がいらっしゃるんだなと実感して、本当に皆様のおかげですし、何て言ったらいいかわからないくらい感謝の気持ちで一杯です」と感無量で語る。佐藤詩織は「1期生21人のお見立て会から始まって、その時はこんなに大きい場所でライブができるなんて思ってなかったので、すごく感慨深くなった。2期生も入ってくれて欅坂46がどんどん大きくなって、こうやって大きなライブをするにあたって今日足を運んでくださったたくさんの方がいるおかげで会場がきれいな色に染まって、セットを作ったり、スタッフさんチームのおかげでこういう場所でライブができて、すごく恵まれているなって改めて感じました」と目に涙を浮かべながら語った。


MC明け、「世界には愛しかない」ではグループを卒業した長濱ねるのポエトリーリーディング部分を土生瑞穗、今泉佑唯の部分を小林由依が担当。水色の傘を使い、同曲のミュージックビデオでのパフォーマンスを再現した。
グループ内ユニット“青空とMARRY”による「青空が違う」では、渡邉理佐と守屋茜、渡辺梨加と菅井友香が2つの気球に分かれて乗り込み、ドームの外周を一周。同じく“156”による「バレエと少年」では、約1年間の活動休止を経て、今年7月に行われた「欅共和国2019」から活動を再開した原田葵がキュートな魅力を振りまいた。
石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂からなる“五人囃子”の「結局、じゃあねしか言えない」は、本公演を欠席した織田を除く4人でパフォーマンス。楽曲の最後に右手の手のひらを見せるポーズがあるが、土生は右手に左手で2本指を添え、織田の名前を思わせる数字の「七」を作った。

本公演のMCは2018年に加入したばかりの2期生たちが主に担当。松田里奈は「今までたくさんいろんなことを経験させてもらって私たちも少しずつかもしれないけど少しだけでも成長できているんじゃないかなと思う。でもそれはここにいる皆さんだったり、応援してくださる皆さんとか、スタッフの皆さんのおかげ。私たちはまだまだ未熟なので、これからも皆さんのお力をお借りすると思うんですけど、これからもよろしくお願いします」、武元唯衣は「2期生が加入して、私たちも不安なことがたくさんあったんですけど、こうやって温かく迎え入れてくださった皆さんと、スタッフの皆様と、そして何より1期生の皆さんが本当に私たちのことをたくさん支えてくださいました。2期生は不安や緊張で泣いちゃうことも多かったんですけど、それでも最近はネガティブなことばかりではなくなってきて、すごく前向きな気持ちで今は頑張ることができています。それは皆さんのおかげなので、私たち2期生はとにかく、まだまだ恩返しがしたいっていう気持ちでいます。もっともっと頑張って、チーム欅坂の力になれるように全力で頑張るので、これからもどうぞよろしくお願いします」とそれぞれ語り、会場から温かい拍手が送られた。

終盤は、グリーンにゴールドのアクセントが映える新衣装で登場すると、デビュー曲「サイレントマジョリティー」から、「アンビバレント」「風に吹かれても」とヒットシングルで畳み掛け、9月8日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)で、多くのメンバーが「欅坂46の曲の中で、ライブで一番盛り上がる曲」として挙げた「危なっかしい計画」を繰り出して会場のボルテージは最高潮に。ラストは菅井の「ここにいる皆さん一人ひとりが明日からも頑張れるように、心を込めて歌います」という言葉から「太陽は見上げる人を選ばない」で一面真っ赤なペンライトの光と盛大なシンガロングに包まれて幕を下ろした。

アンコールでは「不協和音」のイントロが鳴り響くと、場内から怒号のような絶叫と歓喜の声が湧き上がった。消耗の激しい楽曲でもあり、最近のライブではパフォーマンスされる機会が少なかった人気曲。特に平手友梨奈センターでの同曲のライブパフォーマンスは2017年の全国ツアー千秋楽以来約2年ぶりとなり、鬼気迫る表情でパフォーマンスするメンバーの姿にファンは掛け声で応え、会場は熱狂に包まれた。

スクリーンに欅坂46のマークだけが浮かび上がり、終演かと思われたが、興奮冷めやらぬファンの欅坂46コールによってダブルアンコールに突入。グレーのセーラー服姿の平手友梨奈がセンターステージに1人で姿を現し、自身の主演映画『響 -HIBIKI-』の主題歌「角を曲がる」を披露。スクリーンに楽曲のタイトルが浮かび上がった瞬間、映画の公開から1年が経った現在も音源化されていない幻の楽曲のライブ初披露に、会場は再び大歓声に包まれた。センターステージで会場の視線を一身に浴びながら華麗に舞った平手は、息を切らしながら「ありがとうございました」と深々と頭を下げ、欅坂46初の東京ドーム公演を終えた。


■9/18公演の模様(撮影:上山陽介)

9/19(木) 欅坂46 「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム」セットリスト

M00. Overture
M01. ガラスを割れ!
M02. 語るなら未来を…
M03. Student Dance
M04. エキセントリック
-MC-
M05. 世界には愛しかない
M06. 青空が違う
M07. バレエと少年
M08. 制服と太陽
M09. 二人セゾン
M10. キミガイナイ
M11. もう森へ帰ろうか?
M12. 僕たちの戦争
M13. 結局、じゃあねしか言えない
-MC-
M14. サイレントマジョリティー
M15. 避雷針
M16. アンビバレント
M17. 風に吹かれても
M18. 危なっかしい計画
M19. 太陽は見上げる人を選ばない
<アンコール>
EN01. 不協和音
WEN01. 角を曲がる

関連記事