• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら

22/7、デビュー2周年ライブで全曲ノンストップ披露 TVアニメ第一弾PV&Birthday Event開催を発表

デジタル声優アイドルグループ・22/7が20日(金)、CDデビュー2周年を記念した「22/7 Anniversary Live 2019」を東京・マイナビBLITZ赤坂で開催。「Birthday Event 2019」の開催や、TVアニメ『22/7』の第一弾PVとキービジュアル、メインスタッフ、メインキャストを発表した。


ライブでは、えんじ色が上品な4thシングルの衣装で登場すると、8月21日にリリースした4thシングル「何もしてあげられない」を皮切りに、これまでにリリースしたシングルを遡るように順に披露。力強さとしなやかさのメリハリのあるダンスで同曲を披露した後、リーダーの帆風千春が「最後まで私たちと一緒に楽しむ準備できてますかー!?」とフロアに問いかけ、ファンが大声援でそれに応えると、「ロマンスの積み木」「Rain of lies」「君はMoon」「とんぼの気持ち」と同シングル収録曲を一気にパフォーマンスした。

4thシングル収録の全5曲をパフォーマンスし終えると、スクリーンには3rdシングルのアーティスト写真のスチール撮影に臨むメンバーの映像が映し出され、やがて映像は渋谷の夜景に切り替わり、3rdシングル「理解者」の歌詞の朗読が流れる。
映像が終わると、3rdシングルの衣装に着替えたメンバーがステージに再登場し、同シングル収録「絶望の花」から3rdシングルのブロックへ。表題曲「理解者」では気迫のこもったダンスで会場を魅了し、「韋駄天娘」では武田愛奈が「もっともっと声出せますかー!!」とフロアを煽り、ファンもペンライトを持つ手を振り上げそれに応える。さらに「未来があるから」とライブで人気のキラーチューンが続き、会場は熱気に包まれた。

3rdシングルのブロックが終わると、2ndシングルリリース時に池袋サンシャインシティ噴水広場で行ったリリースイベントのドキュメント映像が流れ、先程と同じように2ndシングル「シャンプーの匂いがした」の歌詞の朗読から同曲がスタート。スクリーンにはミュージックビデオが映し出された。2018年4月リリースの2ndシングルから「やさしい記憶」「叫ぶしかない青春」「循環バス」「人格崩壊」と全曲を披露した。
1stシングルのブロックの前にはデビュー当時の初々しい11人の姿が順に映し出され、「僕は存在していなかった」「地下鉄抵抗主義」「11人が集まった理由」の3曲の歌詞の朗読が流れる。
懐かしい1stシングルの衣装に着替えたメンバーが登場し、天城サリーが「いよいよラストスパートです!皆さん盛り上がる準備はできてますか!?」と煽り、「地下鉄抵抗主義」、そして最後はいよいよデビュー曲の「僕は存在していなかった」を8人で歌唱。ここまでノンストップで17曲を披露し、ステージを後にした。

アンコールの前、スクリーンには突如、2020年1月放送開始となるTVアニメ『22/7』の第一弾PVが流された。西條和演じる滝川みうの「この時の私はまだ知らなかったんだ」というセリフから始まる映像に、会場のファンは大歓声。あわせてTVアニメのキービジュアル、メインスタッフ、メインキャストが発表された。
西條は「最初に映像を見た時に、みうちゃんのほっぺをぷにってやってる子がいて、そのメンバーもアフレコにいると思ったんですけど、行ったら『一人です』って……」と、初めての1人でのアフレコ収録を心細そうに振り返った。

さらにここで帆風が「皆さんにうれしいお知らせがあります」と切り出し、グループの結成日である12月24日に「Birthday Event 2019」を東京・台場のZepp DiverCityにて開催することを発表。場内は再び歓喜の声に包まれた。宮瀬玲奈は「Zepp DiverCityさんは、この会場の倍の大きさと聞いています。メンバー11人で絶対成功させられるように頑張ります。是非来てください!」とファンに呼びかけた。

帆風は「私たちは今日でデビューさせていただいてからちょうど2周年になります。2年と言わずこの1年の間でもいろいろありまして、1年前の今日も、ここマイナビBLITZ赤坂さんでイベントをさせていただいたんですけど、その時は私たちのテレビ番組『22/7計算中』のイベントという形でやらせていただきました。たくさんのお力を借りてその日皆さんと一緒に盛り上がることができたんですが、今年は私達メンバー11人の力でこの会場を埋めたいねと話してここにやってきました」と話し、「ありがたいことに今日のチケット、ソールドアウトということで、こんなにたくさんの方に来ていただけて本当に光栄です。ありがとうございます」とファンに感謝。会場は大喝采に包まれ、ファンもメンバーと喜びを共有した。
残る1曲「11人が集まった理由」を11人で歌い上げ、ラストは「最後に皆さんの声を聞かせてください」と、メンバーがマイクを通さずに「2+2+7はー!?」と問いかけ、会場が「じゅういち!!」と応えて22/7のデビュー2周年を記念したライブに幕を下ろした。



関連記事