向井宗敏監督、齊藤なぎさ(=LOVE)、宮世琉弥(MiLK)

齊藤なぎさ、初主演映画を鑑賞した=LOVEメンバーの賞賛に笑顔「うれしい言葉を言ってくれて幸せ」

アイドルグループ・=LOVEの齊藤なぎさが23日(月)、都内の劇場で行われた映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』の公開記念イベントに登壇した。


本作は魅力あふれる俳優陣が紡ぐ春夏秋冬4つの物語をテーマにしたオムニバス作品。この日は、齊藤が本作の中の一篇『ナツヨゾラ』で主演を務めたことから、“齊藤なぎさ『ナツヨゾラ』初主演&公開記念イベント”として「=LOVE メンバーと一緒に鑑賞しよう!上映会」が開催された。

齊藤なぎさ(=LOVE)

齊藤なぎさ(=LOVE)

イベントではまず、齊藤と本作が映画初出演となった宮世琉弥(MiLK)、向井宗敏監督が登壇。さらに客席で観客と一緒に本作を鑑賞した=LOVEのメンバー・齋藤樹愛羅、佐竹のん乃、野口衣織、諸橋沙夏、山本杏奈の5人が客席からステージへ上がった。

作品を見た=LOVEのメンバーは「ずっと可愛くて、キュンキュン止まらなかった」「なーたん(齊藤)の普段見れないような表情を見れた」と口々に絶賛。メンバーの感想を聞いた齊藤は「みんなすごいうれしい言葉を言ってくれて幸せだし、=LOVEのメンバーが駆けつけてくれたのが心強くて、みんな『観たい』って言ってくれてたので、見てくれて、ちょっと恥ずかしい気持ちもあるんですけど、褒めてくれたのでうれしい」と笑顔。
映画初主演を振り返り、「初めてだったのでどうしたらいいんだろう?ってすごく悩んでいて、とりあえず ちゃんっていう役の好きなものとか好きなこととかを自分でメモに書いて挑んだんですけど、監督に優しく『自然体でいいよ』って言っていただいたので、それで気持ちが軽くなって自然体で演技をすることができました」と語った。

そんな齊藤について、向井監督は「なぎさちゃんは現場で台本を一切見ない」と明かす。撮影の途中でセリフに変更が生じ、齊藤と相手役の宮世の2人を呼んで説明したが、齊藤は台本を開かずにただうなずいていたという。「『はい、はい』って言ってて『え?わかってんの?』って聞いたら『わかってます』って。すごかったですよ」と感心。齊藤は「なんか私、記憶力良くて。頭いいから」と、おどけて会場を笑わせた。
山本が「『頭がいい』って自分から言うタイプなんですよ、この子。でも本当にMCとかもお願いしたら頭の回転が早くて、そういうところはすごいなって、私たちも尊敬します」と証言すると、先日、=LOVEと妹分グループの≠MEの合同コンサートを見に行ったという
向井監督も「MCめっちゃ上手かった」と相槌。その後、向井監督が「ノイミー(≠ME)よかったな・・・」とつぶやくと、イコラブメンバーから総ツッコミが飛ぶなど、イベントは終始和気あいあいとした雰囲気で盛り上がった。

映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』は、10月25日(金)全国公開。


関連記事