西野七瀬、小籔千豊

西野七瀬、劇場アニメ「コルボッコロ」で主演声優に

元・乃木坂46で女優の西野七瀬が劇場アニメ『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』の同時上映作品『コルボッコロ』で主人公の声優を務めることが決定し、23日(日)、都内で会見に出席した。


作品は様々な文明や宗教が混在する世界が舞台で、西野が演じる「鈴」は不思議な力を持つ巫女の血を継承する14歳の少女という役どころ。「鈴が物語を通して成長していく姿が見れる。私個人的には世界観があまり見たことがないような、不思議な、独特な感じで、絵もすごくきれいだったので、そういうところも見どころです」と作品をアピールした。

「声優のお仕事はほぼ初めて」という西野。これからアフレコに臨むにあたり、「自分にとって課題なのが、鈴ちゃんはすごく明るくて元気っ子な感じで、私はあまりそういうタイプではないので、そこをどうやって合わせていこうかと、もう家にいる時、仕事していない時はずっとこのことばかり考えていて、不安のほうが今は大きい」と率直な心境を吐露しながら、「でも、ちゃんと家でも自分なりには練習してきたので、この後、監督さんとかに教えていただきながら、一生懸命作品を作れたらなと思います」と力強く語った。
会見に同席した『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』のルドルフ三世役を担当する小籔千豊は「全然大丈夫。演技もお上手な女優さんですしね。暗いのが明るいくらいはまだマシですよ? 僕は人間なのにトナカイやってますからね」と西野を励ましつつ笑いを誘った。

『サンタ・カン パニー ~クリスマスの秘密~』『コルボッコロ』は、11月29日(金)よりシネマート新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で公開。


関連記事