• 舞台
  • 演劇・ミュージカルの話題
  • HOME
  • 舞台 , アイドル
  • セーラームーン役・久保史緒里、稽古期間中に抱えた“心の壁” 乗り越え初日
「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」キャスト

セーラームーン役・久保史緒里、稽古期間中に抱えた“心の壁” 乗り越え初日

「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」が10日(木)、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕。初日の公演に先立って同日、同所にて、キャストによる初日会見とゲネプロが行われた。


本作は2018年6月・9月に山下美月らによって上演された「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』」の再演。セーラー戦士を演じるキャストを一新し、セーラームーン/月野うさぎ役を久保史緒里、セーラーマーキュリー/水野亜美役を向井葉月、セーラーマーズ/火野レイ役を早川聖来、セーラージュピター/木野まこと役を伊藤純奈、セーラーヴィーナス/愛野美奈子役を田村真佑がそれぞれ演じる。

タキシード仮面役は石井美絵子が初演から続投。石井は稽古期間中、恋人役となる久保と話をすることが多かったといい、「今回の5戦士は史緒里を筆頭に、乃木坂46であることをすごく大切にしていながら、“乃木坂46である以上に私たちは今回頑張らないといけない”という気持ちを、行動でも空気でも言葉でもたくさん実感させてくれて、こんなに初日を迎えるのが楽しみな舞台は初めて」とキャストへの信頼を口にした。

稽古中に苦労したことを聞かれた久保は「心を開くのが一番大変だった」と回顧。「人と話すことが好きなんですけど、その段階に行くのに時間がかかってしまう。その壁を越えるためには自分で開くしかないので、それは自分自身も苦戦しましたし、それによってキャストの皆様にご迷惑をおかけしてしまったんですけれども、いつの日かちょっとずつその壁を越えられるようになった時から、イメージの共有を自分から少しずつするようになって、ここはどういう場面なのかとか、このセリフはどういう意味が込められているのかとか、そういうことをキャスト同士で共有するのが楽しくなってきて、でもその段階に行くのに、すごく、すごく、すごく時間がかかってしまったので、迷惑をかけました」と振り返る。
すると石井が「私は史緒里の心を溶かすのが大変でした」と答え、久保は「ごめんなさい!自覚はあります」と平謝り。石井は「すごく真面目で、すごくいい子なので、何を言っても全部『はい!』『はい!』『はい!』って聞いちゃうので、それを『はい』じゃなくて自分の言葉にさせるのが(大変だった)。でも今はもうできてるもんね」と話して、久保を安心させていた。

セーラームーン/月野うさぎ役の久保史緒里

セーラームーン/月野うさぎ役の久保史緒里

同じ質問に2期生の伊藤は「(5人の中で)一番先輩なんですけど、この子たちかわいいんですけど手がかかる」と話す。「すごく手がかかる子たちで、いろんな種類の妹が4人、急にできたみたいな気持ち。楽しく稽古したんですけど、いい意味で大変でした。今も楽屋ではわちゃわちゃと妹たちがうるさいのを私は微笑ましく見ています」と5人の雰囲気を伝える。作中のセリフにちなんで、「一番おしおきしたいメンバーは?」と聞かれると、田村の名前を挙げ、「私が何しても『純奈さん、かわいい』とか、イジってくるんですよ。先輩なんですけどナメられてる。かわいいんですけど」と苦笑い。

その田村は、5人の中では一番後輩でありながら、演じた役柄がセーラー戦士たちのリーダー的存在であることに苦労したと明かす。「特に純奈さんとか、立ってるだけで“リーダー感”が出ちゃうから、いかにそれを超えていくかというのに苦労して、純奈さんにリーダー感を抑えていただきつつ、私が大きめに動いて、頑張ってリーダー感を出してきた。それを練習よりも本番でもっと出せるように頑張りたい」と話すと、伊藤は「イジってますよね?」と周囲の記者に同意を求めて笑わせた。

昨年グループに加入した4期生の早川と田村にとっては、乃木坂46の舞台公演「3人のプリンシパル」を除けば今回が初舞台。
早川は「不安もいっぱいある中で、たくさんのスタッフさんやキャストさんに『一緒に頑張ろうね』と励まされて、初日を迎えられたことをうれしく思います。緊張とか不安もあるんですけども、来てくださったお客様に楽しんでいただけるように精一杯頑張りたいと思います」と意気込み。田村も「毎日わからないことだらけで不安がたくさんあったんですけど、キャストの皆さんに支えていただきながら初日を迎えることができました。今もすごく緊張しているんですけど、初日はみんな怪我なく、楽しく舞台を作っていけたらなと思っています」と力を込めた。

「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』2019」は、10日(木)から14日(月・祝)まで同所にて東京公演、11月22日(金)〜24日(日)まで中国・上海美琪大戯院(MAJESTIC THEATRE)で上海公演を行う。



関連記事