• 舞台
  • 演劇・ミュージカルの話題
舞台「あずみ~戦国編~」ビジュアル

元欅坂46・今泉佑唯が4代目あずみに 舞台「あずみ~戦国編~」2020年上演

元欅坂46のメンバーで女優の今泉佑唯が、2020年に上演される舞台「あずみ~戦国編~」で、主演を務めることがわかった。


舞台「あずみ~戦国編~」ビジュアル

舞台「あずみ~戦国編~」ビジュアル

本作は第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆうの人気漫画「あずみ」が原作。戦国の世に刺客として育てられた美しい少女・あずみの戦いと苦悩を描く。
これまで映画版では上戸彩が、舞台版では2005年に黒木メイサ、2016年に川栄李奈が演じた主人公・あずみ役に今回、今泉が抜擢された。

幼少より刺客として育てられ、戦国の世に翻弄された女剣士、過酷な運命に贖いながら、その先に見えたものは、何か? 胸に迫るストーリーと、スピード感溢れる殺陣、完成度の高い名作を、キャストを一新して届ける。

演出を手掛けるのは、初演と同様、岡村俊一。今泉とは今春上演された舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」以来のタッグとなる。
舞台「あずみ~戦国編~」は、2020年3月に東京・Bunkamuraシアターコクーンで、同年4月に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演。

関連記事