• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
「新パンテーン」ブランドアンバサダーの4人

有村架純、自分らしさは「普通のところ」 今田美桜らと「新パンテーン」新CMに登場

女優の有村架純と今田美桜、タレントの黒柳徹子、りゅうちぇるが23日(水)、都内で行われた「新パンテーン新商品発表会」に出席した。


4人は11月1日 (金)より全国で発売となる新パンテーンのブランドアンバサダーとして、10月24日よりオンエアされる新CM「新しいパンテーンはじまる。さあ、この髪でいこう。」に出演している。

パンテーンが2018年より掲げている「あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする」というブランド理念にちなみ、「“自分らしさ”を一言で表現すると?」と聞かれた有村は、「普通のところですかね」と答え、「以前は、個性がないとかマイナスな意識で捉えてしまって、私はあまり好きではないところだったんですけど、監督や友達から『普通だからいいんじゃん』といっていただくことが増えて、自分の原点というか、自分の戻ってくる場所ってここなんだなというのをしっかり持っておけば、迷うことなく元に戻れる。そういう自分の核となる部分を忘れないでいたい」と力強く語った。

今年も残すところ2ヶ月余りとなり、「今年一番印象に残った出来事」を尋ねられると、「来年皆様にお届けできる作品に取り組ませていただいているんですけど、どの作品も初めて挑戦させていただくものだったりがあったので、自分で探すような一年だった。そういった日々が刺激的で、自分自身と向き合う中で気づくこともたくさんあったので、たくさん考えたことをどう壊して、面白がって、いろんなことを試せるかっていう、そういった来年に向かって繋げる一年になったことが印象的でした」と振り返った。

福岡出身の今田は、「3月の誕生日に祖母がサプライズで東京に来てくれた」と明かし、「東京に来たのが何十年ぶりだったみたいで、本当に楽しく東京を満喫したみたいで、すごくうれしそうに帰っていったのがうれしかった」と、“おばあちゃん孝行”できたことを喜んでいた。




関連記事