• その他
  • その他の芸能・エンタメニュース。舞台・書籍・ラジオなどの話題はこちら
矢作萌夏

AKB48新センターの矢作萌夏がグループ卒業を発表

AKB48の矢作萌夏が27日(日)、レギュラー出演するフジテレビ『ミライ☆モンスター』の番組内で、グループの卒業を発表した。


番組の最後に横山由依から「お知らせがあるんですよね?」と振られた矢作は、目を赤くし「私、矢作萌夏はAKB48を卒業します」と発表。共演の関根勤、磯村勇斗に見守られながら、「自分のやりたいこととか、道とかを考えて、私もミライモンスターになって、未来に羽ばたきたいと思います」と決意を述べた。同番組への出演は年内いっぱいとなるという。

これを受けてAKB48オフィシャルブログには矢作からのコメントを掲載。2月1日の握手会をもってAKB48を卒業することが伝えられた。
「スタッフさんは何度も引き止めて下さり、沢山悩んだのですが、卒業させていただくことにしました」「限られた時間の中ではグループ活動に参加できないことも多く、ファンの方々へ申し訳ない気持ちでいっぱいでずっと心苦しかったです。ごめんなさい。」と、卒業を決意するまでの心情が綴られ、「ファンの方々が沢山応援して下さったり、握手会で暖かい言葉をかけて勇気付けて下さったり、皆さんの笑顔を見れる度に幸せでした。感謝してもしきれませんし、その思いは忘れません。皆さんのことは絶対に一生忘れません。」と、ファンへの感謝の言葉が並んだ。

矢作は2018年1月の「第3回AKB48グループ ドラフト会議」で、AKB48チームKに1位指名されグループに加入。同年5月に劇場デビューを果たすと、同年12月に正規メンバーに昇格。今年1月には初のソロコンサートを開催。AKB48の55thシングル「ジワるDAYS」で選抜入りを果たすと、今年9月リリースの56thシングル「サステナブル」でセンターに抜擢された。

関連記事