「第70回NHK紅白歌合戦」司会者

櫻井翔・綾瀬はるか・内村光良、令和最初の「紅白」司会者会見 チーム名は“U・S・A”

12月31日(火)の大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』で司会を務める櫻井翔、綾瀬はるか、内村光良が28日(月)、東京・渋谷区のNHK放送センターで開かれた取材会に出席した。


2010年から嵐として5回連続白組司会を務め、個人としては昨年に続き2回目の白組司会となる櫻井は「昨年、平成最後の、そして今年、令和最初の、2年連続で大役を仰せつかることになりまして、身の引き締まる思いです。去年もご一緒しました内村さんと、以前ご一緒している綾瀬さんと、明るく楽しく、そして華やかな令和一発目の紅白歌合戦を盛り上げられるよう、精一杯努めていきたいと思っています」と本番に向けて意気込み。
昨年は見事、白組を勝利へと導いたが、「去年初めて1人で(白組司会を)務めるにあたって、1年前の二宮から、優勝旗を持ったときのうれしさはすごいというのと同時に、旗の重み、物理的な重みではなく歴史の重みというのを聞いていて、やっぱりね、そんなに勝敗にこだわったつもりはなかったけどうれしかったですよね」と当時の喜びを振り返りつつ、「だから、もちろん楽しく紅組の綾瀬さんと進行していくつもりではありますけど、結果にはこだわりたいですね」とニヤリ。
一方、2013年(第64回)、2015年(第66回)に続き、4年ぶり3回目の紅組司会を担う綾瀬は、「今年もアーティストの皆さんが気持ちよく歌を歌っていただけるように努めたい。私自身も楽しんで、歌の素晴らしさ、感動などを大みそかのお茶の間に届けたいと思います。素晴らしい皆さんと一緒に、サポートしてもらいながら頑張りたい」と、微笑んだ。

内村は一昨年、昨年に続き3度目の総合司会。2年目の総合司会となった昨年の会見で「昨年はフレッシュさだけで乗り切った。今年は鮮度を保ちつつ頑張りたい」と話していた内村は、「今年も鮮度を保っていきたい」と話すも、「でもこのまま総合司会続いてしまうと、私いずれNHKの局員になってしまう。あと去年の打ち上げでみんなの前で言ったんですけど、本当はね、白組の司会をやりたかった。紅組に対抗心むき出しの白組の司会をいつかやってみたい」と野望ものぞかせた。

また内村が、会見前に受けた雑誌の取材で3人のユニット名を尋ねられた際のエピソードとして、「綾瀬はるかちゃんが『チームU・S・Aです』と名付けました」と明かすと、綾瀬は「ただ3人のイニシャルを繋げただけです」と説明。「最初は、『U』『T』『A』で『歌』だと思ったら、櫻井さんTじゃなかった」と、早くも天然ぶりを炸裂させていた。

そんな綾瀬と2013年にともに司会を務めた櫻井が、「当時は嵐5人と綾瀬さんだったんですけど、すごい和気あいあいと、それは綾瀬さんの人柄によるところが大きいですけど、すごい楽しく進行できた記憶がありますね」と振り返ると、綾瀬が「私は初めての司会だったので、“嵐の皆さん with 綾瀬”みたいな感じで、チームになったようで……」と話し、内村がすかさず「あなたチーム名好きね。すぐ命名しちゃう」とツッコミを入れて笑いを誘った。

なお、会見では同局の和久田麻由子アナウンサーも内村とともに総合司会を務めることが発表された。

『第70回NHK紅白歌合戦』は、12月31日(火)午後7時15分~11時45分、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて放送。(※中断ニュースあり)

関連記事