• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
横浜流星&中条あやみが“今年の顔”に

横浜流星&中条あやみが“今年の顔”に「ターニングポイントになった年」

俳優の横浜流星と女優でモデルの中条あやみが月刊情報誌「日経トレンディ」が選ぶ“今年の顔”に選出され、11月1日に都内で行われた「2019年ヒット商品ベスト30」「2020年ヒット予測40」先行発表会に出席した。


自身初となるプライム帯の連続ドラマ『初めて恋をした日に読む物語』(TBS系)や『あなたの番です -反撃編-』(日本テレビ系)で注目を集め、現在は『4分間のマリーゴールド』(TBS系)に出演中の横浜。中でも髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平を演じた『初めて恋をした日に読む話』への出演が大きかったといい、「1つの作品でこんなにも自分を取り巻く環境が変わるんだと。影響力が本当にすごくて、その反響に最初は戸惑いもあった」と明かす。
「今年は自分の中ですごくたくさんの素敵な作品と人に出会って、たくさんのことを学び、自分にとってターニングポイントになった年というか、すごく大事な年でした。すごく充実してました」とこの1年を振り返り、「来年は現状に満足せずにもっと上を目指せるように目の前のことに全力で取り組んで、いい作品を見てくださる方々に届けられるように、役と作品と向き合って頑張っていきたい」と力を込めた。

ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)での主演や、登坂広臣とのダブル主演映画『雪の華』など、女優とモデルの両方で目覚ましい活躍を見せた中条は、「周りの方々だったり作品に恵まれた充実した年だったので、来年も身を引き締めて、皆さんに恩返しができるように全力でやりたい」と来年の抱負を述べた。

イベントでは同誌の編集部がランキングを決めた「2019年ヒット商品ベスト30」「2020年ヒット予測40」が発表され、2020年のヒット予測第1位となったのは「どこでも東京五輪&応援村」。東京五輪開催時に各地に出現する、フェス感覚で楽しめる“進化版パブリックビューイング”が盛り上がることが予想され、空手が特技の横浜は「空手がオリンピック競技になったので、すごく注目してますし、応援したいですね。たぶん実際に会場に行くことはできないと思うので、こういうところで楽しみながら応援したい」と期待を込めた。

イベントには「日経トレンディ」が予測する“来年の顔”に選ばれた杉野遥亮と森七菜も出席した。

関連記事