• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
“来年の顔”に選ばれた杉野遥亮&森七菜

“来年の顔”に杉野遥亮&森七菜「忘れられない年にできたら」

俳優の杉野遥亮と女優の森七菜が月刊情報誌「日経トレンディ」が選ぶ“来年の顔”に選出され、11月1日に都内で行われた「2019年ヒット商品ベスト30」「2020年ヒット予測40」先行発表会に出席した。


今年、『スカム』(MBS/TBS)で連続ドラマ初主演、現在は『俺の話は長い』(日本テレビ系)に出演中で、今月29日には主演映画『羊とオオカミの恋と殺人』も控えている杉野。「タイミングと運に恵まれた年だったと思う。やっていることは目の前にあることを一つ一つ積み重ねていくということだけだったので、来年もそれは継続しつつ、もっと自分の周りにいる人に感謝できる年にしたい」と語った。
“来年の顔”に選ばれた杉野遥亮&森七菜

“来年の顔”に選ばれた杉野遥亮&森七菜

一方の森は、今年話題を集めたドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)への出演にはじまり、新海誠監督の最新作『天気の子』では2,000人以上のオーディションでヒロイン・天野陽菜の声に抜擢された。来年は岩井俊二監督の映画『Last Letter』や、NHK連続テレビ小説『エール』への出演が決定している。「いただいた賞に負けないように、皆さんの予想以上の活躍ができたりとか、この先のヒット予測やヒット商品に選出されるような作品を送り出せるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

イベントでは同誌の編集部が「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、ランキングを決めた「2019年ヒット商品ベスト30」が発表され、30位に杉野がCM出演した「アタックZERO」がランクイン。
杉野は「ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべながら、「撮影が面白かった。なかなかカットがかからないというか、一連で何セットかやるっていう、あまり経験したことがない撮影の仕方だったので、毎回新鮮な思いで撮影に挑んでました」と明かした。

14位には森がヒロインの声優を務めた『天気の子』がランクイン。「本当にうれしいです。たしかに14位に入るほどの実感はすごくあります」と喜び、「世界の見方も変わりましたし、いろんな方に『「今から晴れるよ」って言ってよ』って言われるくらい、たくさん変わりました」と、反響の大きさを肌で感じているようだった。

イベント後に行われた囲み取材で、あらためて“来年の顔”に選ばれた心境を聞かれた杉野は「選出していただいたこと光栄に思いますし、これを機に来年に向けてのエンジンがかかり始めた。忘れられない年にできたらいいなという思い」と力強く語り、「プレッシャーもある。より一層頑張らないと」と襟を正す。
現在も地元・大分県に住む森は「ビッグニュースなので、学校に行ったら『“来年の顔”が来たぞ』って言われるんじゃないかな」と、はにかんでいた。


関連記事