「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」ゲストキャストの生駒里奈と和田聰宏

生駒里奈、念願の仮面ライダーシリーズ初出演「とても快感」

女優でタレントの生駒里奈が、12月21日(土)公開の映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』で、仮面ライダーシリーズに初出演することがわかった。


映画は、テレビ朝日系にて現在放送中の特撮テレビドラマ『仮面ライダーゼロワン』と、今年8月まで放送されていた前作『仮面ライダージオウ』のクロスオーバー作品。

生駒が演じるのは仮面ライダーの世界の歴史改変を目論むタイムジャッカーのフィーニス。12年前に起きたヒューマギア運用実験都市で発生した大規模な爆発事故=「デイブレイク」を未然に防ぐため、突如未来からゼロワンの世界へとやってきて、アナザーライダーを生み出し飛電或人(仮面ライダーゼロワン)たちの前に立ちはだかる。

生駒は、毎週欠かさず放送を見ていたほどの仮面ライダーファンで、いつか仮面ライダー作品に出演したいという念願が叶っての出演となり、「いつか携われればと思っていたのでとにかく嬉しいです!仮面ライダーたちの敵として フィーニスを演じることが、強大になれた感覚があり快感でした(笑)」と熱いコメントを寄せている。

また、ゼロワン誕生の秘密を握るヒューマギア(人工知能ロボット)・ウィル役を、同じく仮面ライダーシリーズ初出演の俳優・和田聰宏が演じることも、あわせて発表された。
或人の祖父で「飛電インテリジェンス」の先代社長・飛電是之助のもとで社長秘書を務め、「ヒューマギアが笑顔になれる世界」を創ることを目指していたが、タイムジャッカーの力により歴史を改変された世界では「飛電インテリジェンス」を征服し、或人から社長の座を奪い、自らが社長として君臨する。

フィーニス役:生駒里奈コメント

もともと仮面ライダーが大好きなので、いつか携われればと思っていました。オファーをいただけて本当に嬉しいです!クウガから仮面ライダーが好きになり、仮面ライダーWが一番好きです。
台本を読ませていただき、平成最後、令和最初の仮面ライダーの共演にとてもワクワクしました。テレビで観ていたキャラクターたちの裏側を見ることができて、中々出来ない体験でドキドキしました。もし普通にソウゴ達の前に敵として私が現れたら瞬殺ですが、フィーニスという役だからこそ、強大になれた感覚がありとても快感でした(笑)
毎週見ている方も勿論、初めて見る方も魅力満載な映画になっています。是非、映画館で親子で、友達で皆さん観に来て下さい!!

ウィル役:和田聰宏コメント

子供の頃からの憧れの存在であった仮面ライダーに、まさか出演出来るとは思っていなかったので、嬉しい気持ちよりも、驚きの方が大きかったです。
ウィルはアルトたちの前に立ちはだかりますが、僕自身としては正直敵だと思って演じてはいません。そもそも仮面ライダーとは、人類を滅ぼす為に造られた人造人間であるという事を、忘れていた訳ではありませんが、演じていて改めて原点に戻された気がしました。
レプリカントの反乱を描いた名作ブレードランナーは、2019年の地球を描いた作品でした。そしてヒューマギアの反乱を描いた今作も2019年という年。数字には、偶然では済まされない、何か特別な意味があるのかもしれません。そんな事を感じつつ、仮面ライダーの格好良さを存分に堪能して貰えたらと思います。

関連記事