坂口健太郎×永野芽郁「仮面病棟」映像初解禁

坂口健太郎&永野芽郁が監禁された病院からの脱出を試みる「仮面病棟」映像初解禁

坂口健太郎を主演に迎え、現役医師によるベストセラーミステリーを映画化する『仮面病棟』の映像が初解禁となった。


解禁された特報映像は、ある日病院がピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠されるシーンからスタートする。監禁されたのは、一夜限りの当直医の速水(坂口健太郎)と凶悪犯に撃たれケガを負った女子大生の瞳(永野芽郁)。鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる2人が病院の不可解な異変――「入院記録のない患者」「通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」に次々と遭遇する。一体、ピエロ面の凶悪犯の目的は何なのか? なぜ、この病院を選んだのか? 監禁された2人は、この謎だらけの病院から逃げられないのか? 想像と期待を掻き立てられる特報となっている。

本作が「映画」単独初主演となる坂口健太郎が演じるのは「一夜限りの当直医・速水」。密室と化した危険な病院内で次から次へと不可解な異変に遭遇しながらも、ケガをした瞳を守り脱出するという確固たる決意を秘めた緊迫感ある演技を披露する。
そして、ヒロインの「ケガを負った女子大生・瞳」を演じる永野芽郁は、これまでに演じたことのないミステリアスな雰囲気と共に緊迫感溢れる迫真の演技で、坂口と共に息もつかせぬ脱出劇を繰り広げる。

自らが同じ危機的状況に巻き込まれたとしたら坂口は「自分がこのような状況になったら、この病院の謎を解くというより、この危機的状況で命が無くならないよう生還する事を意識すると思うが、生きる事に加え、この病院の謎を解くために行動する速水の姿はカッコイイと思う」と緊迫した状況下で行動していく主人公・速水の雄姿を語る。
また、本作の舞台について「ここはもともと病院だった場所なので、リアルな映像になっている」と語り、永野も「原作を読んだ時の印象がそのまま表れていて、何かがありそうな感じがある」と、1年前まで実際に運営されていた病院を撮影に使用し、リアリティある病院内のたたずまいと、鉄格子で囲まれ、次から次へと謎が押し寄せる病院の臨場感を再現し撮影に臨んだことを明かした。

そして、物語の謎をさらに深める登場人物/共演者も発表された。警察への通報を頑なに拒む田所院長役に高嶋政伸、院長と共に何かをひた隠す怪しい看護師・佐々木香役に内田理央、同じく看護師・東野良子役に江口のりこ、事件当日に突如、速水に当直医の担当変更を依頼した医師・小堺司役に大谷亮平と演技派俳優が集結した。

映画『仮面病棟』は、2020年3月6日(金)全国公開。

関連記事