• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
BiSH「Thank you for KiND PEOPLE FREE LiVE in Matsuyama」の模様

BiSH、愛媛で#BiSHお遍路&フリーライブ開催「次はツアーで戻ってくる」

“楽器を持たないパンクバンド”・BiSHが、現在敢行中のホールツアー「NEW HATEFUL KiND TOUR」の松山公演を予定していた9日、諸般の事情で同公演が中止となったことを受け、愛媛県の26ヶ所の霊場を巡る「#BiSHお遍路」と松山市内でのフリーライブを行った。


朝からメンバーそれぞれ6チームに分かれ、お遍路着を身に纏い霊場を参拝。全ての霊場への参拝を遂げた。同日夕方から夜にかけては、フリーライブ「Thank you for KiND PEOPLE FREE LiVE in Matsuyama」を松山市内のライブハウス「WstudioRED」で2部制で開催。

ホールツアー松山公演のチケット購入者のみを招待して行われた第1部では、冒頭にBiSHと一緒にお遍路を行ったWACK代表取締役でBiSHマネージャーの渡辺淳之介が登場。「松山公演が中止になってしまい本当にごめんなさい。でも必ず次はツアーという形でBiSHは松山に戻ってくるので、どうか今日は楽しんでください!」とオーディエンスに向けて挨拶した。

続いて登場したBiSHは、今週11月6日に発売した新曲「KiND PEOPLE」、アイナ作曲、モモコ作詞のバラード「リズム」に加え、約3年ぶりに「MOON CHiLDREN」を披露。
チッチが「あなたたちと同じくらいBiSHも松山でのツアーを楽しみにしていました。それができなくなってしまったけど今日、フリーライブという形で松山でライブができる事を本当に楽しみにしてここにきました!伝わってますか?」と問いかけるとオーディエンスは大歓声で応えた。「絶対に次はツアーで松山に戻ってくる事をプロミスします」と語り「プロミスザスター」「ALL YOU NEED is LOVE」を披露して1部は幕を閉じた。

第2部は、「KiND PEOPLE」で幕を開け「DiSTANCE」や「オーケストラ」等代表曲に織り交ぜ「Marionette」「Help!」等の人気曲を披露しオーディエンスは熱狂。
最後はアンセム「BiSH -星が瞬く夜に-」を披露し朝から続いたBiSH尽くしの1日は幕を閉じた。
同公演はLINE LIVEで生中継され、僅か50分の放送ながら約67万人以上の視聴者が集まった。

「Thank you for KiND PEOPLE FREE LiVE in Matsuyama」

2019年11月9日(土) at WstudioRED

【第1部】
1.Am I FRENZY??
2.GiANT KiLLERS
3.MONSTERS
4.KiND PEOPLE
5.MOON CHiLDREN
6.リズム
7.サラバかな
8. BiSH −星が瞬く夜に−
9.プロミスザスター
10. ALL YOU NEED is LOVE

関連:  あいみょん・三浦大知・欅坂46ら受賞 MVの祭典「MTV VMAJ 2019」各部門受賞作品発表

【2部】
1.KiND PEOPLE
2.SMACK baby SMACK
3.Marionette
4.リズム
5.DiSTANCE
6.Help!
7.CHOP
8.OTNK
9.オーケストラ
10.BiSH −星が瞬く夜に−

関連記事