• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
表参道ヒルズの点灯式に出席した山本美月

山本美月が表参道ヒルズのクリスマスイルミネーションを点灯

女優の山本美月が13日(水)、東京・表参道ヒルズ本館の吹抜け大階段で行われたクリスマスイルミネーションの点灯式に出席した。


シックなブラックのドレスで登場した山本が大階段を上り、巨大なツリーの前に設置されている水槽に手に持ったカラフェで水を注ぐと、音楽が鳴り、クリスマスイルミネーションが点灯した。
自身にとって初めての点灯式が、所属事務所からも近いためよく訪れるという表参道ヒルズでの点灯式ということで、「クリスマスといえば表参道だと思っているのでワクワクします。まさか自分が表参道ヒルズの点灯式に参加するなんてビックリです」と話す山本。「母がSNS映えする写真を撮るのが好きなので、ぜひ母を連れて来たい」と笑顔を見せていた。

今年はパリ、ポルトガル、台湾、シンガポール、北欧など、海外に行く機会が多かったといい、「違う世界を見てとても刺激を受けました」と充実の一年を振り返る。今年の表参道ヒルズのクリスマスイルミネーションは見え方が刻々と変化していく仕掛けとなっていることから、「私もこのイルミネーションのように、人として女優として変化し続けていきたい」と来年の抱負を語った。

表参道ヒルズの今年のイルミネーション「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019」では、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマとし、本館吹抜け大階段に大小異なる約40個の特殊な水槽に囲まれた、高さ約7メートルのクリスマスツリーが登場。30分に1回、音と光にあわせダイナミックにツリーの見え方が変わる特別演出も行われる。12月25日(水)まで。


関連記事