• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
「小学館 DIMEトレンド大賞」でベストキャラクター賞を受賞した横浜流星

横浜流星「DIMEトレンド大賞」でベストキャラクター賞 来年は「俳優人生の新しいスタート」

俳優の横浜流星が「2019 第32回 小学館 DIMEトレンド大賞」でベストキャラクター賞を受賞。13日、都内で行われた贈賞式に出席した。


今年は自身初となるプライム帯の連続ドラマ『初めて恋をした日に読む物語』(TBS系)で髪をピンク色に染めた不良高校生を演じ注目を集め、映画『チア男子!!』やドラマ『あなたの番です -反撃編-』(日本テレビ系)といった話題作に出演。現在は『4分間のマリーゴールド』(TBS系)に出演中。月刊情報誌「日経トレンディ」が選ぶ“今年の顔”にも選出された。

選考委員を務めた眞鍋かをりから記念のトロフィーを受け取った横浜は「素敵な賞をいただけて光栄です。本当にうれしいです」と喜びのコメント。
今年を「ターニングポイントになった年」と位置づけ、「『はじこい』から始まって、たくさんの方に認知してもらって、それ以降もたくさんの人に出会い、様々なことを経験して学んで、素晴らしい時間を過ごすことができました」と回顧。
「来年は俳優人生の新しいスタート。でも僕自身は変わらずに地に足つけてこれからもいい作品を作れるように前向きに頑張っていきたい」と話し、今後挑戦したい役を聞かれると、「皆さんが僕に持っているイメージと逆の役をやったら面白いのかなと思う。クールな役が多いので、すごく飛び抜けて明るいキャラクターだったりとか、すごくだらしない男だったりとか、そういう役をやったら自分もやり甲斐も感じますし、芝居の幅も広げられるなと思う。これからいろいろな役をやって息の長い役者になりたい」と力を込めた。

「小学館 DIMEトレンド大賞」は、ビジネスからエンターテインメントまで、幅広いジャンルにわたり、 その年のトレンドとなった注目商品、ヒットした商品やサービスの数々に贈賞する賞。雑誌「DIME」およびWEBマガジン「@DIME」で読者からの投票を募り、その結果をもとに編集部と選考委員が協議を行ない、各賞を決定する。
今年は各部門で「タピオカミルクティー」「キズナアイ」「ルンバi7+」などが受賞。大賞には「PayPay」が輝いた。また、日本中を感動の渦に巻き込んだラクビー日本代表と日本ラグビーフットボール協会が特別功労賞に選出され、代表してラグビー日本代表・田村優選手が登壇した。

「2019 第32回 小学館 DIMEトレンド大賞」各賞

■家電部門
ルンバi7+ / アイロボットジャパン合同会社
■IT部門
ブロックチェーン / 一般社団法人日本ブロックチェーン協会
■モビリティー部門
エアバスA380 「FLYING HONU」/ ANA
■日用品部門
紙製ストロー「シルフィール TM」/ 日本製紙株式会社
■食品部門
バスチー‐バスク風チーズケーキ / 株式会社ローソン
■美容・健康部門
ウーノ フェイスカラークリエイター / 資生堂ジャパン株式会社
■マネー部門
PayPay / PayPay 株式会社
■リテール部門
ワークマンプラス / 株式会社ワークマン
■ホビー・カルチャー部門
春水堂「タピオカミルクティー」/ 株式会社オアシスティーラウンジ
■ランドマーク部門
渋谷スクランブルスクエア / 渋谷スクランブルスクエア株式会社
■エンターテインメント部門
キズナアイ / Activ8 株式会社
■話題の人物賞
神田 松之丞
■ベストキャラクター賞
横浜 流星
■特別功労賞
ラクビー日本代表 / 日本ラグビーフットボール協会

関連記事