映画「恐怖人形」で主演を務めた小坂菜緒

小坂菜緒「とうとうこの日が来た」映画初出演にして初主演作 初日の心境語る

日向坂46の小坂菜緒が映画初主演を務めた『恐怖人形』が15日に封切られ、同日、都内の劇場で行われた初日舞台挨拶に共演者とともに登場した。


本作は、過去の怨念に引き寄せられた日本人形が巨大化し、次々と残虐な殺人を繰り返していくネオ・サスペンスホラー映画。
主人公の女子大生・平井由梨役でスクリーンデビューとともに初主演を飾った小坂は、無事に初日を迎え、「とうとうこの日が来たんだなっていう緊張感もあるんですけど、楽しみさとうれしさも同時にあるので、こうして今たくさんの方々が見てくださっていてうれしいです」と満席の会場に微笑みかけた。

合宿のようだったという撮影現場の様子について振り返る場面では、一緒に寝泊まりしていた黒羽麻璃央と近藤雄介から「寝坊助さん」と言われた萩原利久が、日向坂46のデビュー曲「キュン」を目覚ましにしていたことを明かし、「最初ダーっと上がるから、目覚ましにいいんじゃないかと思って」と、サビから勢いよくはじまる楽曲の力に頼るも、結局いつも黒羽と近藤に起こしてもらっていたと、苦笑いで告白。
一方、女性キャスト陣は萩原聖人に「カレー味のカップ麺にアイスを入れるとおいしい」と教わり、実践。「絶対そんなことないですよって言って、コンビニ行って、食べたらめちゃくちゃおいしくて、みんなでハマった」と、ホラー作品ながら現場は和気あいあいとした雰囲気であったことを伝えた。

舞台挨拶には、本作の主題歌「SPIRAL」を担当した4人組バンド・Thinking Dogsも出席。同曲のミュージックビデオには小坂も出演しており、ボーカルのTSUBASAから「小坂さんは緊張されてたっておっしゃってたんですけど、そんなことを全然感じさせないような素晴らしい演技をしていただいて、僕らだけではできないような世界観のミュージックビデオになったんじゃないかなと思ってます」と絶賛された小坂は、「本当にすごい緊張してて、一人で他のアーティストさんのミュージックビデオに出演するっていうのも初めてだったので、どうしたらいいんだろうって思ったんですけど、曲を聴いてミュージックビデオの世界観をイメージするとなんだか楽しくなってきて、自然と体が動いちゃうくらい気持ちものってたので、そう言っていただけて本当にうれしいです」と安堵の表情を浮かべた。

最後に小坂が「今回初めて映画をやらせていただいて、初主演でこの作品に関われたことをうれしく思っています。1回見ただけではわからないところもたくさんあると思うので、たくさん見ていただけたらうれしいです」と作品への思いを語り、舞台挨拶は終了。
初日舞台挨拶には小坂のほか、共演の萩原利久、黒羽麻璃央、水上京香、近藤雄介、石川瑠華、福島雪菜、黒沢あすか、粟根まこと、萩原聖人、主題歌を担当したThinkingDogs、メガホンをとった宮岡太郎監督の総勢15人が登壇した。


関連記事