マウスコンピューター新CMで乃木マウスと郷マウスが共演

乃木坂46が郷ひろみとマウスダンス! 遠藤さくらは「マウス」TV-CM初出演

11月22日よりオンエアされるマウスコンピューターの新CM「マウス メイドインジャパン/冬」篇では、おなじみの“乃木マウス”に扮した乃木坂46の生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、堀未央奈、与田祐希、遠藤さくらが出演。4期生の遠藤はマウスコンピューターのCM初出演。マウスダンスにも今回が初挑戦となった。


CMはマウスカラーの黄色を基調としたマウスファクトリーが舞台となっており、乃木マウスたちはマウスファクトリーの作業員としてクールな作業服姿で登場する。
さらに今回は、“MADE IN JAPAN”というマウスコンピューターの特徴を伝えるため、「ジャパーン!」で知られる歌手で俳優の郷ひろみが“郷マウス”として登場。おなじみのCMソングにのせた力いっぱいの「ジャパーン!」を披露するほか、乃木マウスと共にマウスダンスに挑戦した。

撮影では、ビシッとしたスーツ姿で現場に入ると、乃木マウスひとりひとりと握手を交わした郷。白石が「お揃いですね」と声をかけると「耳・・・いいよね!意外としっくりくる(笑)」と、初めて付ける乃木マウスとお揃いのネズミ耳を気に入った様子。
マウスダンスのシーンでは、「(乃木マウスたちに)可愛さで追いつけるようキュートな感じで踊らないと!」と、時間が空くと白石や生田ら先輩マウスに「首の動かし方はこんな感じ?」「足はどの方向に動かしているの?」、さらには「可愛い笑顔の作り方」まで、事細かにダンスの教えを乞い、キュートなマウスダンスを追求していた。

撮影を終えて齋藤は「今回は工具を持ったりと、いつものマウスとは違う雰囲気でした。どんな表情をしたらいいのか、いつものマウスCMのクールな感じでいいのかな、とか。あと、郷さんもいらっしゃったので、郷さんと一緒のダンスの時はどういう雰囲気で踊ったらいいのかな、などみんなで話したり、考えたりしました」とコメント。
堀は「みんなそれぞれ違う工具を持ってダンスを踊るのですが、あまり(物を持って踊る)経験がなかったのでフリを間違えないようにしたり、工具を見せて作業員感が出るようになど色々なところを頑張ったので、是非見てもらいたいなと思います」とアピール。
郷とのCM初共演について、生田は「郷さんのマウスダンスが、すごく可愛くて。見てても、一緒に踊ってても楽しかったです。すごい熱心に踊っていただいて、首の角度とか。そんなに郷さんに深く追求してもらえるとは思っていなかったので、嬉しかったです」と語った。

一方、 マウスコンピューターのCMで初めて乃木坂46メンバー以外によるマウスダンスを踊った郷は「あのダンスはリズムもいいし、フリもすごくキャッチ―だから、すごく踊りやすかったね。できるだけ、みなさんに近づくように、女性のフリっぽくチャーミングに踊れるように心掛けました」と話し、乃木マウスとのCM撮影について「可愛いってことは、言うまでもないのですが(実際に共演して)思った通り、思った以上に可愛らしいな、と。乃木坂のメンバーと共演できて本当に光栄だなと思っています」と語った。

関連記事