「静かな雨」舞台挨拶

衛藤美彩、「東京フィルメックス」で初主演映画お披露目 舞台挨拶で撮影を振り返る

乃木坂46の元メンバーで女優の衛藤美彩が24日(日)、「第20回東京フィルメックス」のコンペティション部門に選出された映画『静かな雨』の上映前に行われた舞台挨拶に登壇した。


映画は、「羊と鋼の森」で2016年の本屋大賞1位を受賞した作家・宮下奈都の同名小説が原作。交通事故の後遺症で新しい記憶を留めておけなくなってしまったこよみと、彼女に寄り添う青年・行助の物語。気鋭の監督・中川龍太郎がメガホンをとった。

衛藤美彩

衛藤美彩

俳優の仲野太賀とともにW主演を務めたこよみ役の衛藤は「本番前のリハーサルにもすごく時間をとってくださって、『衛藤さんらしさが出てほしいから』と何度もおっしゃってくださったので、本当に助けられました。何回も何回も打ち合わせをして、練習をしていったので、本番もすんなり撮影に自然と入り込めた」と、中川監督への感謝を口にした。
また、映画初主演であると同時に初出演でもあり、「緊張した日々の中だったんですけど、あまり深く役作りというか、こういうふうにやっていこうというイメージをあまり作らずに、すんなり入れたのは、自分に近いものがこよみの中にあったからなのかな」と撮影を振り返った。

「東京フィルメックス」は、アジア地域を中心とした新進気鋭の監督たちの作品を集めた国際映画祭。
中川監督とは『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2016年公開)以来2作目となる仲野は「まだまだお互い成長していかなきゃいけないですし、今回タッグを組んで、より一層高め合いたいなと、同世代で刺激しあって作品をつくれる監督だなと改めて思いました」と、数年ぶりのタッグに実感を込めた。

中川監督にとって本作は初めての原作もの。「原作の持っているおとぎ話のような世界観を、一種の現代の若い世代にとっての寓話になるように映画化しようというのがコンセプトだった」と話し、「アイドルのご出身である衛藤さんと初めてコラボさせてもらったり、高木さんという憧れていた音楽家の方に参加してもらったりすることで、世界観を自分のイメージしたものにしたいなと。そして同志である太賀くんに出てもらって、自分の映画の背骨の部分を作って」と、製作にあたり「仲間をどう集めるか」を意識したことを明かした。

映画『静かな雨』は、2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開。


関連記事