• 舞台
  • 演劇・ミュージカルの話題
「飛龍伝2020」で主演を務める菅井友香

欅坂46・菅井友香、舞台「飛龍伝2020」で主演 8代目神林美智子に

欅坂46の菅井友香が2020年1月より、つかこうへい演劇祭第一弾として上演される「飛龍伝2020」で主演を務めることがわかった。


「飛龍伝」は、1970年代に突如現れ演劇界に一大旋風を巻き起こした劇作家・つかこうへいが1973年に発表した作品。学生運動の最中、革命の夢と現実、そして愛する者たちに翻弄されながら、機動隊との最終決戦を迎えようとする全共闘40万人を束ねる委員長・神林美智子の物語。

「熱海殺人事件」「幕末純情伝」と並ぶ、同氏の代表的な作品として愛され、これまで幾度となく上演され続けており、主人公の神林美智子は、これまでに富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子、黒木メイサ、桐谷美玲といった名立たる女優たちが演じてきた。今回、8代目神林美智子に欅坂46のキャプテン・菅井友香が挑む。
共演は、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明、味方良介ら、近年のつかこうへい演劇の常連が顔を揃える。

「飛龍伝2020」は、2020年1月30日(木)~2月12日(水)まで東京・新国立劇場 中劇場にて、2020年2月21日(金)~23日(日)まで大阪・クールジャパンパーク大阪 TTホールにて上演。


関連記事