• 舞台
  • 演劇・ミュージカルの話題
  • HOME
  • 舞台
  • 斉藤優里、舞台「脳内ポイズンベリー」でハトコ役 「演じるのが楽しみ」
舞台「脳内ポイズンベリー」キャスト

斉藤優里、舞台「脳内ポイズンベリー」でハトコ役 「演じるのが楽しみ」

元・乃木坂46の斉藤優里が2020年3月14日(土)から29日(日)まで新国立劇場 中劇場で上演される舞台「脳内ポイズンベリー」に出演することが決定した。


原作は水城せとなによる同名漫画。一人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が “脳内会議”を繰り広げるというラブコメディ。2015年には映画化もされている。
携帯小説家・櫻井いちこの“脳内”では、<ネガティブ思考>の池田、<ポジティブ思考>の石橋、<瞬間の感情>のハトコ、そして書記である<記憶>の岸が、それぞれ別の人格として議論を戦わせ、議長の吉田が優柔不断ながら日々紛糾する会議をまとめ上げようと奮闘する。

斉藤優里

斉藤優里

斉藤が演じるのは<瞬間の感情>直感派のハトコ。「台本を頂いた時にそれぞれの役がとても個性があり魅力的で可愛く、演じるのが楽しみだなと思いました。緊張はしま すが、ハトコ役をたくさんの方に見てもらえるように頑張りたいです。自分なりに精一杯頑張らせて頂きますのでたくさんの方に劇場に遊びにきてもらいたいです」とコメントを寄せている。

今回、“脳内会議”の議長、吉田役で主演を務めるのは市原隼人。現実を生きる本人、携帯小説家の櫻井いちこを蓮佛美沙子、<ネガティブ思考>の池田を早霧せいな、<記憶>の岸をグァンス(SUPERNOVA)、<ポジティブ思考>の石橋を本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズ Jr.)が、それぞれ演じる。
演出は、映画化の際に監督を務めた佐藤祐市が、初めて舞台作品の演出を手掛ける。


関連記事