西野七瀬、サンタ帽姿で舞台挨拶に登壇 幼少期のクリスマスを明かす 

女優の西野七瀬が6日、劇場アニメ『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~/コルボッコロ』の公開を記念して都内の劇場で行われた舞台挨拶に、お笑い芸人の小籔千豊、声優の花澤香菜らとともに登壇した。


舞台挨拶の冒頭、キャストが一言ずつ挨拶する場面では、『サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~』で声優初挑戦となった小籔が、オファーを受けた際の心境や実際の収録の感想などをじっくりと語ったため、挨拶の順番が回ってきた西野は「西野七瀬です。『コルボッコロ』で主人公の鈴ちゃんを演じさせていただきました」と話した後、「考えていたのはこのくらいの挨拶だったので、はじめに小籔さんがめちゃくちゃしゃべってたのでどうしようと思った。どうしましょう」と笑いを誘い、小籔は「すいません、なんとか声優の足りない部分をコメントで取り返そうと思って……」と平謝りで会場を和ませた。

劇場アニメで初めてヒロインの声を担当した西野。糸曽賢志監督からは「普段のしゃべっている感じの声色がいい」と声を褒められたが、「いざマイクの前に立つとちょっと気を張っちゃうというか、しっかりした喋り方になっちゃって、普段の感じがうまく出せなくてもどかしかった」と苦労をにじませる。糸曽監督は「西野さんは本当に頑張り屋さんで、ものすごい努力されていて、心打たれたというか、感動しました」と、西野を労った。

作品にちなみ、キャストはクリスマスを意識した衣装で登壇。クリスマスの思い出を聞かれた西野は、「子供の頃はサンタさんを見たくて頑張って起きてようって毎年挑戦してましたけど、一回も起きていられなかった」と明かし、「朝起きて『わ〜、また寝ちゃった〜』って言うと、お兄ちゃんが『俺は見たよ』って。『どんなやったー!?』って聞いていた思い出があります」と、微笑ましいエピソードを披露した。

また、『コルボッコロ』で鈴に厳しく当たる家庭教師の美琴役を演じた小見川千明は、西野について「個人的にめっちゃ好きで、フォトブックとか買ってた」と明かし、「生きていたらいいことあるんですね」としみじみ。「デレたくてデレたくて、冷たくなんてできない!と思いながら、心を鬼にして冷たく演じさせていただきました」と共演を振り返った。

舞台挨拶の最後に小籔は「僕がしゃべりすぎて西野さんがしゃべる時間がなくなりましたよね。(客席からの)なーちゃーんっていう声を聞く度にちょっと胸が痛い」と申し訳なさそうに切り出し、「好きな食べ物でも聞きますか?」と、会場の西野のファンを気遣った。西野が「うどんです。きつねうどんが一番好きです」と答えると、「大阪ですね」と納得の表情。「これでファンのみなさん許してください」と、終始和やかな雰囲気で舞台挨拶を終えた。


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事