• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
  • HOME
  • イベント , アイドル
  • 日向坂46、2019年の“話題の人”に選出 紅白歌合戦へ「記憶に残るパフォーマンスを」と意気込み
「LINE NEWS AWARDS 2019」のアイドル部門を受賞した日向坂46

日向坂46、2019年の“話題の人”に選出 紅白歌合戦へ「記憶に残るパフォーマンスを」と意気込み

日向坂46が16日(月)、スマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が2019年を彩る“話題の人”を選出・表彰する「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2019」」のアイドル部門を受賞し、都内で行われた授賞式に齊藤京子、佐々木久美、高本彩花が出席した。


アイドル部門には、嵐、生田絵梨花(乃木坂46)、日向坂46、平野紫耀(King & Prince)、宮脇咲良(IZ*ONE)がノミネートされ、日向坂46が受賞。
佐々木は「今年はデビューさせていただいた年で、本当にたくさんのことを日向坂46として経験させていただいた年だった」と一年を振り返り、「LINE NEWSさんはメンバーみんな見ているし、LINE NEWSさんのことがメンバーの話題にもなったりするので、とても光栄です」と受賞を喜んだ。

日向坂46は2016年にけやき坂46として結成し、今年2月に改名。3月にリリースした1stシングル「キュン」が女性アーティストのデビューシングル初週売上枚数歴代1位を記録したのを皮切りに、3作連続でオリコン週間ランキング1位を獲得。9月に開催した自身最大規模のワンマンライブで2万席を即完売させ、勢いそのまま「NHK紅白歌合戦」への初出場を決めた。

2週間後に迫った本番に向けて、佐々木は「紅白歌合戦という舞台で皆様の記憶に残るパフォーマンスができるように頑張りたいです」と力を込める。齊藤は「今年最後のパフォーマンスになるので、悔いのないように披露したい」と意気込み、高本は、「アイドルになって3年が経つんですけど、ずっと紅白歌合戦というのが夢だったので、今年やっとデビューすることができて、初出場できて、とてもうれしいです」と喜びを語った。

「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2019」ではその他、実業家・政治家部門でROLAND、アーティスト部門でOfficial髭男dism、文化人部門で新海誠、芸人部門で夢屋まさる、アスリート部門でラグビー日本代表、俳優部門で中村倫也がそれぞれ受賞した。

今までラグビーを見たことがなかったという佐々木は「初めて試合を見たんですけど、全然ルールがわからなくてもすごく楽しくて、ハマってしまいました」と話し、推しの選手を聞かれると、“スピードスター”福岡堅樹選手の名前を挙げ、「足が速い人に惹かれるので」と照れ笑いしながら明かしていた。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事