• 書籍
  • 雑誌、写真集、エッセイなど書籍関連の話題
  • HOME
  • 書籍 , アイドル
  • 乃木坂46、寝顔撮影の暗黙のルールを明かす 一番よく寝ているメンバーは?
「乃木撮 VOL.2」刊行記者会見

乃木坂46、寝顔撮影の暗黙のルールを明かす 一番よく寝ているメンバーは?

乃木坂46の白石麻衣、秋元真夏、堀未央奈、与田祐希、遠藤さくらが16日(月)、東京・文京区の講談社で行われた、乃木坂46写真集「乃木撮 VOL.2」(12月17日発売)の記者会見に出席した。


本書は、2018年に発売されたオフショット写真集「乃木撮」の第2弾。乃木坂46のメンバー自らカメラを持ち、楽屋での様子など、普段のグラビアとは違った一面が収められている。2度の発売前重版で発行部数はすでに20万部超え、前作とシリーズ累計で54万部となり、女性アイドルグループ史上ナンバーワンのヒット作に。

秋元は「楽屋とかで写真を撮っていると、寝ているメンバーが多くて、寝顔を撮る時は暗黙のルールができた。角度とかを研究して可愛く撮るっていうのをモットーに撮影してました。だんたん慣れてくると上の方から撮ったほうがいいとか、彼氏目線みたいなのを研究してやってました」と撮影の様子を明かす。伊藤理々杏が撮影した自身の寝顔写真を披露し、「自分で説明するのもおかしいですけど、絶妙な角度でかわいらしい寝顔になっているかなという感じがします」と紹介した。

楽屋等で一番よく寝ているのは与田のようで、本人は「あんまり寝ているつもりはないんですけど、『乃木撮』を見てると自分でも知らなかった間にすごい寝顔を撮られていて、『なにこれ?』っていうのがたくさんあったし、寝ている時によくいたずらされています」と照れ笑い。
秋元は「与田ちゃんは人目に触れていない時は常に寝る」といい、「オンオフのギャップがあるメンバー」にも与田の名前を挙げ、「信じられないくらい、立ったままとかでも寝る。そういう面ではファンの人の前では起きてて、裏では寝てるてるっていうギャップはあるかも」と、与田の知られざる一面を明かしていた。

「写真を撮るのが上手いメンバーは?」という質問には、秋元以外の全員が秋元を指差し、白石は「『乃木撮』の撮影者を見るとわかるんですけど、大半を秋元真夏が撮っていて、やっぱり上手なんですよね、撮る角度とか。メンバーの可愛い角度を知ってて撮ってくれるので、すごくいいカメラマンだなと思います」と絶賛。
そんな秋元の自信作は白石と生田絵梨花の2ショット。「いくちゃんがまいやんにチューしそうになっているっていう写真。メンバーじゃないとなかなか撮れない距離感ですし、ちょっとまいやんがまんざらでもない顔をしているっていうのがお気に入りです」と、会心のショットを紹介した。

写真集について、堀は「乃木坂は『おとなしい』とか『清楚だね』って言っていただくことが多いんですけど、みんな食べることが大好きで、食に関しては獣のように食らいつくので、そんな意外な一面が見れると思います」とアピール。4期生の遠藤は「『乃木撮』を通して撮ったり撮られたり、先輩方と一緒に写真を撮ることで距離がぐっと縮まるので、いつも楽しく過ごしています」と、写真を通して先輩メンバーとのコミュニケーションが図れることを喜んでいた。

(乃木坂46写真集「乃木撮 VOL.02」(講談社) 撮影:乃木坂46)


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事