• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
ラストアイドル2周年記念クリスマスコンサート

ラストアイドルが2周年コンサート開催 新バトルの開幕&サプライズゲスト登場に会場沸く

ラストアイドルが25日(水)、デビュー2周年を祝う「ラストアイドル2周年記念クリスマスコンサート」を神奈川・川崎のカルッツかわさきで開催した。


会場にメトロノームの音が鳴り響き、鐘の音とともに幕が上がると、メンバーがステージ中央で円錐状に固まりクリスマスツリーを形成。手に持ったライトが幻想的な雰囲気を作り出し、ツリーの頂上には大きな星が煌めいた。メンバーが「大人サバイバー」の立ち位置につくと、デビュー2周年を祝うコンサートがスタート。
2曲目、Laluceによる「バンドワゴン」の途中から再び全メンバーがステージに登場し、2期生の「愛しか武器がない」、2期生アンダーの「サブリミナル作戦」、そして1期生の「好きで好きでしょうがない」を全員で披露するという、この日限りの特別なパフォーマンスで早くも会場を熱狂の渦へと巻き込んでいった。

最初のMCはLaluceが担当。阿部菜々実は「今日はラストアイドルの2周年の集大成を皆さんにお届けできるように頑張っていきたいと思います」と意気込み。昨年の1周年コンサートで初めて2期生と一緒にライブを行ったことに触れて、「今年はこんなに入り混じってできることがうれしい」と語った。

各ユニットのメドレーコーナーでは、シュークリームロケッツやGood Tearsのバックに他のメンバーが入り、「青春トレイン」を担当したAkaneによる振付けのダンスで華を添えた。Someday Somewhereの「Again & Again」では、このコンサートをもってグループを卒業する清原梨央が声を震わせる場面や、間島和奏が堪えきれず涙する姿も見られた。「この恋はトランジット」のラストでは、清原を中心にメンバー6人が体を寄せ合った。
中盤はユニットシャッフルのコーナー。篠原望によるテナーサックスのソロからはじまった「デジャヴュじゃない」には相澤瑠香、鈴木遥夏ら5人が参加。オリジナルは大人っぽいメンバーが多い「17歳の扉」を猪子れいあ、栗田麻央ら10代メンバー4人が披露し、シュークリームロケッツの「夜中 動画ばかり見てる…」では西村歩乃果、安田愛里、朝日花奈が大人っぽく艶のあるパフォーマンスで魅了した。

ユニットシャッフルのコーナーが終わり、シュークリームロケッツの3人による「君のAchoo!」では、松本ももなが長月翠と小澤愛実にドッキリを仕掛ける。曲の途中で突然、松本がステージ袖にはけ、冠番組『ラスアイ、よろしく!』でMCを担当しているお笑いコンビ、霜降り明星・せいやの手を引いて登場。せいやは戸惑う長月と小澤をよそに、松本のポジションに入ると、完コピしたダンスを披露。最後は4人並んでポーズを決めた。
楽曲の後に相方の粗品も登場し、せいやは「成功してよかった。めちゃくちゃ練習した。中途半端は踊りはファンに失礼だから本気でやりましたよ」と、2週間みっちり練習を重ねて挑んだドッキリだったことを明かした。

「青春トレイン」「明日の空を見上げるために」で本編が終了し、アンコール前には、今年メンバーが挑戦した団体行動を指導した清原伸彦氏や振付師のAkane、番組で共演したカンニング竹山らから寄せられた2周年を祝うメッセージVTRが放映された。
サンタ風のケープを羽織って再び姿を見せたメンバーは「ジングルベル」を歌いながらステージを降りて客席の通路へ。観客へクリスマスのプレゼントを手渡したり、客席へ投げ入れるなどしてファンを喜ばせると、ステージに戻って「誰かの夢が叶ったら」「眩しすぎる流れ星」を披露した。

ここで突如、スクリーンにサプライズのVTRが映し出され、2020年4月15日に8thシングルの発売が決定したこと、さらに表題曲を歌う18人の選抜メンバーを決めるためのオーディションバトルの開催が発表され、会場は驚きの声に包まれた。
これまでにいくつもの熾烈なバトルに身を投じてきたラストアイドルメンバー。VTR明け、「またバトル!?」「もう嫌だ〜」という戸惑いの声がメンバーから上がる中、長月は「でもちょっとワクワクしてきちゃった」と笑い、「ちょっと最近物足りないと思ってた」と阿部が話すと、「刺激が欲しいよね」と、早くも新たなバトルを楽しみにしている様子。間島は「またみんなでラストアイドルとしてもっともっと大きくなれるように一人ひとりが精一杯努力をして頑張っていきます」とファンに誓った。

この日がラストステージとなった清原が「今までたくさんの思い出をありがとうございました」とファンに挨拶し、最後は恒例の「ラスアイ、よろしく」でフィナーレかと思われたが、長月が「本当にこれで終わっていいんですか?」と遮ると、間島がゲストの加藤茶・加藤綾菜夫妻をステージへ呼び込み、ラストはまさかの「ドリフのビバノン音頭」で締め。楽曲の途中にある加藤茶の「宿題やれよ!」や「歯磨けよ!」といった台詞はラスアイメンバーが「2周年ありがとう!」「来年もよろしくな!」「メリークリスマス!」と替えて歌い、賑々しい雰囲気の中で幕を閉じた。


(Photo by Yoshifumi Shimizu)

「ラストアイドル2周年記念クリスマスコンサート」セットリスト

M01. 大人サバイバー / 全員
M02. バンドワゴン / 全員
M03. 愛しか武器がない / 全員
M04. サブリミナル作戦 / 全員
M05. 好きで好きでしょうがない / 全員
-MC-
M06. Hope / 2期生
M07. ヒーローなんかなりたくない / 2期生アンダー
M08. 悪魔のディール / シュークリームロケッツ
M09. 鼓動の理由 / シュークリームロケッツ
M10. 想像上のフルーツ / シュークリームロケッツ
M11. 桜が咲いたら / Good Tears
M12. 涙の仮面 / Good Tears
M13. スリル / Good Tears
M14. 振り向きたくなる / Love Cocchi
M15. Love Docchi♡ / Love Cocchi
M16. 青春シンフォニー / Love Cocchi
M17. 悲しい歌はもう歌いたくない / Someday Somewhere
M18. Again & Again / Someday Somewhere
M19. この恋はトランジット / Someday Somewhere
M20. 潮騒よ / LaLuce
M21. 風よ吹け! / LaLuce
M22. Everything will be allright / LaLuce
-MC-
M23. デジャヴュじゃない / 相澤、鈴木、間島、山田、岡村
M24. 17歳の扉 / 籾山、栗田、町田、米田
M25. Lollipop / 猪子、池松、大石、大森、木村、奥村、木崎、久保田、首藤、白石、高橋美海、宮田
M26. 青春0対0 / 小澤、清原、長月、中村、間島、籾山、山本愛梨、栗田、佐佐木、下間、田中、橋本、町田、山本琉愛、宇田川、加藤、高木、米田
27. いつの日かどこかで / 阿部、大森、長月、松本、大場、高木
28. あんたは誰だ? / 小澤、山本愛梨、田中、橋本、木崎
29. 夜中 動画ばかり見てる… / 朝日、西村、安田
30. へえ、そーお? / 畑、水野、篠原、高橋みのり
-MC-
31. 君のAchoo! / シュークリームロケッツ + 霜降り明星・せいや
-MC-
32. 青春トレイン / 全員
-MC-
33. 明日の空を見上げるために / 全員(中学生メンバー除く)
<アンコール>
EN1. ジングルベル / 全員(中学生メンバー除く)
EN2. 誰かの夢が叶ったら / 全員(中学生メンバー除く)
EN3. 眩しすぎる流れ星 / 全員(中学生メンバー除く)
-MC-
EN4. ラスアイ、よろしく / 全員(中学生メンバー除く)
-MC-
ENS. ドリフのビバノン音頭 / 全員(中学生メンバー除く)+加藤茶・加藤綾菜

関連:  ラストアイドル・阿部菜々実、アニメ版声優・小澤亜李からのエールに感激 最後の劇中衣装を名残惜しむ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事