生駒里奈

生駒里奈、「駐在刑事Season2」でサスペンスドラマ初挑戦

生駒里奈が2020年1月24日(金)20:00から放送スタートする『駐在刑事Season2』(テレビ東京)に、第1話のゲストとして出演することがわかった。


生駒里奈

生駒里奈

同ドラマは、これまでにスペシャルドラマとして5本、昨年10月に連続ドラマとしても金曜8時のドラマ枠で放送された、寺島進主演の人気シリーズ。かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事だった江波敦史(寺島)を主人公に、「奥多摩・水根の人々とのほっこりエピソード」と「捜査一課が追うシリアスな殺人事件」「奥多摩の自然を活かした大胆な殺人トリック」を組み合わせ、スリリングに物語が展開。犯人を捕まえる為だけではなく、目の前にいる人々に寄り添うヒューマンサスペンス。
シーズン2となる本作では、寺島進をはじめ、北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝といったおなじみのレギュラーキャストの出演に加えて、新たに田中美里の出演が決定している。

第1話には生駒のほか、高島礼子、楽駆、笹野高史、堀部圭亮、阿南健治がゲスト出演。
ある日、水根渓谷上流で奥多摩酒造専務・黒田洋一郎(堀部)の変死体が見つかる。第一発見者で、黒田と同じ奥多摩酒造に勤める岸本珠美(高島)は警察での取り調べ中、「自分が殺した」と自供する。しかし、犯行時間に珠美は別の場所にいたという目撃証言を聞いた江波(寺島)は独自に捜査を開始。真犯人を探し始める。

©テレビ東京

生駒里奈コメント

寺島進さんと、バラエティーで先に共演させていただいていて、その時に「いつかはお芝居でも…」という話をしていたんですけど、そのことを覚えていてくださって、お芝居でも共演することができて、嬉しかったです。緊張もあったんですけど、それ以上に頑張ろうという気持ちでいっぱいでした。
加奈は、寂しい過去があってそれを乗り越えて健太と幸せになろうとしている女の子です。
自分の中にはなかった人物像で、自分と全然違う人を演じるっていうのはすごく面白いです。
今まで演じてきた役は、なんとなく自分と通じるものがあったんですけど、加奈に関しては初めましてだったので、やっていてすごく楽しかったです。
恋人役の楽駆さんは、年下なんですが劇中でも、加奈が健太を引っ張っていくという関係性でもあるので、そこは自然にできたかなと思います。
1話は、「これが1話なの!?」っていうくらい壮大なストーリーですし、とてもあたたかくて、台本を読んでいてとても心が救われたお話でした。
親しみやすい作品だと思うので、楽しみにしていてください!

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事