紅白リハーサルに登場した中元みずき

「第70回NHK紅白歌合戦」リハ始まる メガネ姿の中村倫也が念入りチェック

「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが12月28日、東京・渋谷区のNHKホールで始まり、その模様が報道陣に公開された。リハーサルは例年3日間行われることが多いが今年は28日から31日までの4日間。リハーサルに4日間費やされるのは2016年以来、3年ぶり。


トップバッターは、AI美空ひばり。1989年に亡くなった歌手・美空ひばりさんの歌声を人工知能(AI)で蘇らせるコーナーで、秋元康氏が作詞・プロデュースした新曲「あれから」をお披露目する。リハーサルで等身大の美空ひばりさんが新曲を歌う姿や、「お久しぶりです」という曲間の語りも披露された。

続いて登場したのは、特別企画「Disney Cinema Medley 2019」に出演する中元みずき、中村倫也、木下晴香。中元は映画『アナと雪の女王2』の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を、中村と木下は実写映画『アラジン』の挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」を、それぞれ2回ずつ通しで歌った。中村はメガネ姿とラフな格好で「お疲れ様です、お願いします」とステージ入り。念入りにマイク音を確認したり、「当日、どういう流れで登場する?」とスタッフに質問したりとチェックを怠らなかった。

『第70回NHK紅白歌合戦』は12月31日(火)19時15分から23時45分までNHK総合・BS4K・BS8K・NHKラジオ第1にて放送(途中5分間の中断ニュースあり)。紅組の司会を女優の綾瀬はるか、白組の司会を嵐の櫻井翔が務め、総合司会はタレントの内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが担当する。


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事