「紅白歌合戦」のリハーサルに臨んだ乃木坂46

乃木坂46、坂道3グループでのパフォーマンスに期待感「楽しくシンクロできたら」

乃木坂46が29日(日)、東京・渋谷のNHKホールで行なわれている「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。


乃木坂46の「シンクロニシティ」では、楽曲の途中から欅坂46、日向坂46、そして総合司会の内村光良が加わる。
センターを務める白石麻衣は「坂道が集まってのパフォーマンスはとても楽しみですし、それに加えて今回は内村さんも一緒にやらせていただくので、お祭りのように楽しくシンクロし合えたら」と初めての試みに期待を込め、齋藤飛鳥も「『シンクロニシティ』はわたしたちにとってもすごく大切な曲なので、楽曲の良さと、それぞれのグループと内村さんの良さ、みんなが楽しんでいる様子が伝わったらいいなと思います」と語った。

今年、乃木坂46の新キャプテンに就任した秋元は、3つの坂道グループについて、「グループごとに毛色がかなり違うんですけど、でもやっぱり一緒に戦っていく仲間として、坂道というものをいろんな方に知っていただけたら、個々のグループがより広まっていくのかなと。お互いに切磋琢磨しながら戦っていけるよき戦友」と位置づけ、「坂道の団結力を見せたいという意味では、また新たな緊張感はあります」と語った。

乃木坂46の紅白出場は今年で5回目。1回目から出演している松村沙友理は「日向坂の皆さんは初めてなので、不安があったりしたらそこはリードしてあげたい」と頼もしいコメント。今までは欅坂46や日向坂46の後輩たちを母親目線で見ていたが、「今回合同でやらせてもらうことによって仲間意識が芽生えた」と意識の変化を明かしていた。

『第70回NHK紅白歌合戦』は12月31日(火)19時15分から23時45分までNHK総合・BS4K・BS8K・NHKラジオ第1にて放送(途中5分間の中断ニュースあり)。紅組の司会を女優の綾瀬はるか、白組の司会を嵐の櫻井翔が務め、総合司会はタレントの内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが担当する。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事