「第70回NHK紅白歌合戦」司会者

内村光良、坂道グループコラボは「ファンに失礼ないように」 バナナマン日村にもメール

『第70回NHK紅白歌合戦』のリハーサルが29日、東京都内のNHKホールで行われ、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の嵐・櫻井翔、総合司会の内村光良が取材に応じた。


乃木坂46の「シンクロニシティ」で、欅坂46・日向坂46とすべての“坂道グループ”とコラボステージを展開する内村。オファーが来たとき「本当にびっくりした。この中におっさんが入って邪魔じゃないのか」と心配したという。しかし「せっかくご依頼いただいたので100の力でやろう、と。ファンの方に失礼がないよう真剣に踊ろうと思っております」と奮起。これまで自宅で家族がいない時間を狙って練習を重ねてきた。

気になる本番の衣装については「宝塚的な感じ。」と予告し、「私だけが浮いているんですがなるべく目立たないように。坂道さんがメインなので私は後方で頑張ろうかと」とコメント。また、2017年に乃木坂46と「インフルエンサー」でコラボしたお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀にメールしたといい、「よろしくお願いします」と託されたことを明かした。

綾瀬は4年ぶりの司会。これまで2013年に、2015年に司会に起用され、今年で通算3選目となる。内村・櫻井・綾瀬の頭文字をとって司会3人を“USAチーム”と名付けており「1人だとちょっと不安だなと思っても、朝、チームのみなさんと会うと緊張が落ち着く。話していなくても安心感があります。2人とも司会を経験あって人柄も優しくて、なんでも受け止めてくれる」と信頼。綾瀬の司会と言えば、毎年言い間違いが話題となるが、「ゼロを目指す?」と聞かれると、「はい、もちろんです!」と意気込んだ。

櫻井は、綾瀬の司会っぷりを「台本だけにはない、綾瀬さんらしい司会が数々ある」と評価し、「ライブ感をおり感じられる紅白になるのでは」と期待。内村も「はるかちゃんと一緒に司会をするのが楽しみ。本番、ふたを開けないとわからないという魅力を2人で全力で支えるという。ドキドキしていることの1つ」と語った。

また、櫻井は今年初出場となる後輩グループ・Kis-My-Ft2について触れ、「彼らが初出場のタイミングで自分が司会で送り出せるのがすごいうれしくて。親戚のおじちゃんみたいな気持ち。とにかくうれしいし、とにかく楽しみ」と共演に喜び。今日か明日に「お祝いができたらいい。ご飯食べに行くだけですけど」と話した。

『第70回NHK紅白歌合戦』は12月31日(火)19時15分から23時45分までNHK総合・BS4K・BS8K・NHKラジオ第1にて放送される(途中5分間の中断ニュースあり)。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事