紅白のカメラリハーサルを行った日向坂46

日向坂46、本番に向け最終チェック 綾瀬はるかに“キュンキュンダンス”をレクチャー

日向坂46が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサル4日目に登場。今夜の本番に向けて最終チェックを行った。


日向坂46は歌唱前に小坂菜緒、佐々木久美らメンバー6人がMC位置へ。乃木坂46の秋元真夏、欅坂46の菅井友香も同席し、坂道グループの三女にあたる日向坂46の魅力を紹介する。
リハーサルではその後、パフォーマンスのポイントとして小坂が特徴的な振付けを紹介すると、紅組司会の綾瀬はるかが「教えて下さい」と食いつき、サビの“キュンキュンダンス”を司会陣とメンバーが一緒に踊る場面があった。

日向坂46の本番衣装はグループカラーである空色を基調としたロングワンピースタイプ。右肩から斜めにかかるフリルが目を引き、首元のリボンや袖口などに使われている濃紺がアクセントとなっている。
17人はカメラリハーサルから笑顔いっぱいでデビュー曲「キュン」をパフォーマンス。楽曲のラストは通常の振付けから、全員が中央に集合する形に変更されていた。

『第70回NHK紅白歌合戦』は12月31日(火)19時15分から23時45分までNHK総合・BS4K・BS8K・NHKラジオ第1にて放送(途中5分間の中断ニュースあり)。紅組の司会を女優の綾瀬はるか、白組の司会を嵐の櫻井翔が務め、総合司会はタレントの内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが担当する。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事