イベントに登壇した芳根京子、山田涼介、ブラザートム(左から)

山田涼介、きっかけくれた家族に「今となっては感謝」 ジャニーズは「天職」

Hey! Say! JUMPの山田涼介と女優の芳根京子が7日(火)、都内で行われた映画『記憶屋 あなたを忘れない』のイベントにサプライズ登場した。


映画は、シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説「記憶屋」が原作。大学生の遼一が自分の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子の記憶を取り戻すため、都市伝説だと思われていた“記憶屋”の足取りをたどる物語。

「記憶に残るサプライズ成人式」と題された本イベントは、広島出身、東京在中の主人公が登場する本作にちなみ、地方出身東京在住の新成人を招待して開催。当初、杏子が働く喫茶店の店長・外山を演じたブラザートムの登壇だけが告知されていたが、イベント開始からほどなくして山田と芳根がサプライズ登場すると、会場に驚きの声が響き渡った。

山田涼介(Hey! Say! JUMP)

山田涼介(Hey! Say! JUMP)

新成人の観客が故郷にいる家族や恩人に感謝のメッセージを発表したあと、自分にとっての恩人を聞かれた山田は「やっぱり親じゃないですかね。ジャニーズあるあるなんですけど、この世界に入れたのも、姉と母親が勝手に履歴書を送ったから」と、ジャニーズ事務所に入ったきっかけを回顧。サッカー選手になりたくて本格的にサッカーをやっていたので、最初は嫌だったといい、「でも当時のW杯のピンバッジを買ってあげるよって言われて、それに釣られてオーディションに行って、気づいたら受かってました」と苦笑。「天職だと思ってるので、今となっては親にも姉にも感謝している」と語った。

また、イベントでは山田らが大人になるにあたっての不安を抱える新成人たちにアドバイスを送った。
「将来、自立するために今から今からどんなことを意識していけばいいか」という相談者に、山田は「この映画もそうなんですけど、人は人と人との支え合いで生きているので、1人で無理して自立しようと思うよりは、周りとの関係を深めていって、自分が本当に必要な人を見定める能力というのも大切だと思う」と助言。「今まで以上に深い関係になってくる人が増えてくると思うので、その人たちとの関わり方を大切にしていくのがいいかなと。僕はそうしているので」と持論を述べた。山田の意見にブラザートムも「子供は面倒見られているうちはちゃんと自分で立ってる。それが大人になった瞬間に誰も助けてくれなくなる。周りの人を見つけること、本当にその通りだと思う」と、相槌を打っていた。

映画『記憶屋 あなたを忘れない』は、1月17日(金)より全国で公開。


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事