• その他
  • その他の芸能・エンタメニュース。舞台・書籍・ラジオなどの話題はこちら
卒業を発表した白石麻衣(17年8月)

白石麻衣の卒業発表にメンバー・卒業生・業界関係者から反響続々

乃木坂46の白石麻衣が7日、グループからの卒業を発表したことを受けて、グループのOGや関係者から感謝の言葉やエールが続々と寄せられている。


グループ結成当時から乃木坂46のレギュラー番組で共演しているバナナマンの設楽統は同日、メインキャスターを務める情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系/月〜金曜・9:50~11:25)で、「ついに卒業かっていうのもあるんですけどもね、間違いなく中心人物で引っ張ったメンバーなのでちょっと寂しいですけどね。でもこれから個人の活躍を期待したいなと思いますね」とエール。
元・乃木坂46メンバーのテレビ朝日、斎藤ちはるアナウンサーは同局の『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜・8:00~9:55)に出演し、「仕事に対してすごくストイックで、メンバーに対してすごく優しくて明るくて、中身も素敵」と白石の人物像を述べ、同期として「寂しいですけど、やっぱり将来について考える時期なのかな」と語った。

卒業を発表した白石麻衣(17年8月)

卒業を発表した白石麻衣(17年8月)

発表直後から乃木坂46卒業生たちのSNSへの投稿も相次いだ。生駒里奈はインスタグラムに「乃木坂をずっと引っ張ってくれてありがとう。乃木坂の美しさは貴女だと思っています」、“いもたまコンビ”の妹・永島聖羅もインスタグラムで「沢山笑ってこれからも幸せでいてほしい。お姉たま、楽しんでね」とメッセージ。若月佑美は「デビュー前にグループ初の個人グラビアが決まった時、レッスンルームでみんなで拍手したことを今でも鮮明に覚えています」と8年前に思いを馳せながら、「昔からみんなの憧れでした。それは貴女がどこに行っても変わりません。沢山の道を切り開いてくれてありがとう」と、グループを牽引した白石への感謝を綴った。その他、能條愛未、宮沢セイラ、衛藤美彩ら、同期の元メンバーたちがインスタグラムに白石へのメッセージを続々と投稿しており、仲間からも愛される存在であったことが伺える。

乃木坂46を象徴するメンバーの卒業発表に、グループに関わるクリエイターたちも反応。
「君の名は希望」「きっかけ」など、乃木坂46の人気曲を多数手掛ける作曲家の杉山勝彦氏は「そうなるものと分かっててもショックです。ひとつの時代を作った代わりのいない存在です。」と、白石がかけがえのないメンバーであったことを噛み締めるツイート。
2018年のレコード大賞受賞曲であり、昨年末の『NHK紅白歌合戦』でも披露した白石のセンター曲「シンクロニシティ」の振付けを担当したコレオグラファーのSeishiro氏も、インスタグラムにて「あなたのプロ意識と忙しい中でも人を気遣う優しさ、素晴らしい女性です。卒業まであなたらしく走り抜けてください。応援しています。」とエールを送った。
また卒業を発表した1月7日は、現在は女優として活躍中の深川麻衣が4年前に乃木坂46卒業を発表した日でもあり、ネット上には運命めいたものを感じるファンの声も多くあがった。深川の初主演映画『パンとバスと2度目のハツコイ』でメガホンをとった今泉力哉監督も「意図だとしてもたまたまだとしても何だかこみあげるものがある」とツイートした。

現役メンバーでは、2期生の堀未央奈がトークアプリ「755」で「白石さんに安心して笑顔で卒業を迎えてもらうために、今いるメンバー全員でもっと頑張っていかなくちゃと思いました」と決意新た。山崎玲奈は「感謝しかないです。尊敬しています。かっこよくて美しくてお茶目で、大好きな先輩です」と白石への想いを羅列した。
伊藤純奈はブログを更新し、「数年前は次このお仕事をする時は誰かいなくなっちゃうのかな… なんて考える事なかったのに ここ最近はそればっかり考えてしまいます。」とメンバーの卒業が続いていることへの寂しさを吐露。「寂しい事だけどそれぞれが旅立つのは嬉しいことでもあります。ここまで乃木坂46を大きくしてくれて じゅん達後輩にたくさんの道しるべを作ってくれてありがとうございました!」と、白石との2ショット写真を添えて感謝の気持ちを綴った。

白石は7日にブログを更新し、3月25日(水)に発売となる25thシングルの活動をもって、乃木坂46から卒業することを発表。具体的な卒業の日程は未定。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事