• イベント
  • 記者発表会や各種芸能イベントなどの話題
成人式を行った乃木坂46の新成人メンバー

乃木坂46の新成人メンバーが乃木神社で成人式 二十歳の抱負語る

乃木坂46の新成人メンバー4人が9日(木)、東京・乃木神社で成人式を行った。


今年度、成人を迎えたのは、渡辺みり愛、大園桃子、向井葉月、山下美月の4人。4人は艶やかな振り袖姿で報道陣の前を通って本殿へ。祈祷を行った後にフォトセッションと囲み取材に臨んだ。

すでに地元での成人式を済ませたという大園は「乃木神社で成人式をすると、乃木坂のメンバーなんだなっていうのを実感しました」と、しみじみ。加入前から大の乃木坂ファンだったことで知られる3期生の向井は「乃木坂に入る前から乃木神社で成人式を迎えるのが夢だったので、今日こうやって迎えることができて、とてもうれしく思います」と喜んだ。

乃木坂46に加入してから笑顔で過ごしている時間が増えた」という山下は「笑顔で過ごせますように」と絵馬に記入。「アイドルでいる限り、ニコニコしてたほうがやっぱり可愛いじゃないですか?だからずっと可愛くいられるように笑顔で過ごして、ファンの方とか周りのスタッフさんにもずっと笑顔でいてほしいなと思って」と説明した。
渡辺は、「家族を安心させる」と書き、「アイドルに合格しましたって言って安心できる世の中じゃないので、不安定な中で20年生きてきて、親にもたくさん迷惑をかけているので、20代突入して安心してあげられる安定した女性になりたい」と願いを込めた。
大園は「幸せに気づけるようになりたい」。「物事をネガティブに考えがちで、幸せに気づきづらいので、自分で気づいて『幸せだな』って思える機会が増えればいいな」と語った。

二十歳の抱負の尋ねられると、向井は「自分に自信がないので、自分に自信を持てるようになりたい」、渡辺は「社交的になりたい」、大園は「家庭的な女性になりたい」と発表。山下は「人に心を開くという目標を立てている」と明かし、「自分の素直な気持ちや本音をあまり周りの人や友達に言えないところがあるので、二十歳はちゃんと自分の意見とか意思を人に伝えられるような大人になりたい」と、力強く語った。

恒例の「○○世代」という質問には、聞かれることを想定して予め相談していたといい、「おめでたい世代」と回答。「2020年に二十歳を迎えるのもおめでたいし、今年は東京オリンピックもある年ですし、令和になって最初の成人式ということで、たくさんの“おめでたい”が集まった、“おめでたい”メンバーだなっということで」と説明した。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事