若月佑美

若月佑美、福田監督に脚本協力? 高畑充希もヲタク用語の台詞で「若月大先生に師事」

女優の若月佑美が13日(月・祝)、都内で行われた映画『ヲタクに恋は難しい』の完成披露試写会に、共演者と福田雄一監督とともに出席した。


映画は、イラスト投稿サイト「pixiv」で2014年から連載された同名のWEB漫画を、映画『銀魂』シリーズやドラマ『今日から俺は!』などのヒット作を手掛けてきた福田監督が実写化。
周囲にヲタクであることがバレることを何よりも恐れる“隠れ腐女子”桃瀬成海とゲームヲタク”二藤宏嵩による、不器用な男女の微笑ましいピュアなラブストーリーを、初共演となる高畑充希と山崎賢人が演じる。

高畑演じる成海のヲタ友・未来を演じた若月は、本作でコスプレやヲタク用語のマシンガントークに挑戦。「役作りする上で不安はなかったか」と聞かれると、「ないですね」ときっぱり。福田監督から「ガチヲタなんですよ」と明かされると、「隠してるんですけど、本当に成海みたいな感じ」だと認め、撮影時は特に監督からの演出もなかったと語った。

すると福田監督が「実を言うと今回、台本の段階で若月の検閲を受けているんですよ」と告白。「台本が出来上がった段階で、本当にこれはヲタクが言う言葉なのか、というのを若月に見せて、『これは言わないですね』みたいなダメ出しがあった上で決定稿に持っていっている」という驚きのエピソードを披露。「脚本協力です。テロップ出したほうがいいんじゃないかというくらい」と会場を笑わせた。

「BLヲタクの役だったので18禁のBL漫画を読んで勉強しました」という高畑も、「オタク用語で早口で喋るシーンが多くて、初めて話す言葉でイントネーションとかもわからなかったので、毎回『こんな言い方でよろしいでしょうか?』と若月大先生に師事しました」と、若月が陰の功労者となっていたことを証言していた。

映画『ヲタクに恋は難しい』は、2月7日(金)全国公開。完成披露試写会には、山崎賢人、菜々緒、斎藤工、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗も登壇した。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事