『転がるビー玉』完成披露舞台挨拶

今泉佑唯の「底なしの明るさ」を吉川愛ら共演陣が証言 「一家に一台置きたい」

女優の今泉佑唯が14日(火)、都内で行われた映画『転がるビー玉』の完成披露舞台挨拶に、共演の吉川愛、萩原みのり、大野いと、大下ヒロト、神尾楓珠、中島歩、そしてメガホンをとった宇賀那健一監督とともに登壇した。


女性ファッション誌「NYLON JAPAN」の創刊15周年プロジェクトとして制作された本作は東京・渋谷の古い家で共同生活を送る、愛、瑞穂、恵梨香の3人の物語。
夢を追い求めながら、悩み、もがき、泣いたり笑ったりしてきた3人だったが、東京オリンピックが近づき、やがて街の再開発で家の取り壊しが決定する。いずれ出て行かなくてはならないその部屋で3人が過ごした、ささやかな日常が描かれる。

現場の雰囲気について聞かれた吉川は「わちゃわちゃしながら、本当に共同生活しているような雰囲気で撮影していた」と振り返り、今泉が一番騒がしく、それを萩原がツッコむ、と3人の関係性を說明したが、萩原の言い分は異なり、「大ボケの2人を私がどうにかする」と訂正。
「騒がしい」と言われた今泉は「2人もすごいわちゃわちゃしてたから私は浮いてなかったです」と言い切るも、宇賀那監督がすかさず「いや、完全に浮いてましたよ」とピシャリ。監督から「ずっと歌ってるんです」と暴露されると、シンガーソングライターを目指す女の子という役どころを演じた今泉は、「役でもずっと歌ってるので違和感はなかったです」と弁明。しかし、萩原は「違和感しかなかったです」と苦笑い。「オリジナルソングをずっと歌ってるんですけど、幼稚園の教科書みたいなのにのっているような歌を延々と歌い続ける。今日は準備中からずっと『だんご3兄弟』を歌ってました」と明かして笑わせた。
MCから「歌っていないと落ち着かない?」と聞かれた今泉は、「なんか口が寂しくなっちゃって……」といい、萩原から「ガムじゃないんだから」とツッコミを浴びていた。
また、撮影日が2日間だけだったという大野からも「クランクインの日、緊張して控室に入ったら、佑唯ちゃんが1時間くらい焼き肉の話をメイクさんと衣装さんとずーっとひたすらしてて、ずーっとしてるな、かわいいなあと思って聞いてました」と、天真爛漫ぶりを証言されていた。

撮影を通してお互いの印象がどう変わったかという質問には、吉川が今泉について「最初おとなしいタイプの子なのかな、と思ってたら、初めて会った時から全然違った。ずっと歌ってたので、あ、違うんだなっていうのは一瞬でわかった」とコメント。萩原は「ずーみんは“不思議な子”から“変な子”になりました。不思議とかじゃない。もうおかしい」と強調。「でも底なしに明るくて、さっきも言ってたんですけど、一家に一台置きたい。でも『OFF』のスイッチは付けさせて」と、笑いを誘った。

映画『転がるビー玉』は、1月31日(金)渋谷・ホワイトシネクイントにて先​行公開、​2月7日(金)​より全国順次公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事