鈴木絢音(お藤役)

乃木坂46・鈴木絢音、映画初出演 「死神遣いの事件帖」で着物姿のヒロインに

乃木坂46の鈴木絢音が2020年初夏公開の映画『死神遣いの事件帖』で映画初出演を果たし、ヒロインを演じることが決定した。


映画は東映株式会社と東映ビデオ株式会社が立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の新作。2020年初夏に映画、2020年夏に舞台『死神遣いの事件帖』が上演される。
鈴木絢音(お藤役)

鈴木絢音(お藤役)

江戸を舞台に“死神遣い”の探偵・久坂幻士郎(くさか・げんしろう)の活躍を描く物語で、映画では鈴木がヒロインである、吉原遊郭の惣名主の娘・お藤を演じる。
ちゃきちゃきした気立てのよい女性で、ふだんは血気盛んな男たちも、彼女の前ではタジタジ? 物語にどのように関わっていくか、注目される。

また、本映画の主演であり傀儡探偵・久坂幻士郎を演じる鈴木拡樹、死神・十蘭を演じる安井謙太郎、ヒロイン・お藤を演じる鈴木絢音、そして映画に続く舞台での主演であり侠客のリーダー・庄司新之助演じる崎山つばさのキャラクタービジュアルが解禁された。

その他、押田岳、松浦司、松本寛也、北川尚弥、高田里穂、萩野崇、陳内将、山口馬木也、堀内正美、高田聖子の出演が決定。陳内、松浦、松本、北川は、崎山、安井とともに映画に続き舞台にも出演する。



鈴木絢音 コメント

お藤役、乃木坂46 鈴木絢音です。映画と舞台の連動プロジェクト、私は映画に出演させていただきます。時代劇に死神や探偵といった要素が加わっているので、幅広い世代の方に楽しんでいただける映画になっていると思います。
映画の完成、そして続きを舞台編で観劇できることが、今から楽しみです。

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事