MBS/TBSドラマイズム「死にたい夜にかぎって」ポスタービジュアル

山本舞香が変態に“唾を売って”生計を立てるヒロインに 賀来賢人主演「死にたい夜にかぎって」追加キャスト解禁

賀来賢人主演ドラマ『死にたい夜にかぎって』の追加キャストが解禁され、女優の山本舞香がヒロインを演じることがわかった。


同名小説の原作者の実体験をドラマ化する本作。幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来)が、人生で一番愛した女性アスカと過ごした6年間を中心に、過激な女性たちに振り回された、ろくでもない半生を描く。

山本が演じるのは、浩史の人生最愛の彼女で、変態に“唾を売って”生計を立てるヒロイン・橋本アスカ。音楽で成功することを目標にするも、夢が実現する兆しはなし。音楽系のチャットルームで知り合った浩史と付き合い、同棲を始めるが、まもなくして鬱病や不安障害を患う、という役どころ。
山本はアスカについて「すごく可愛らしさもあるけど心の病を持っている子です。このような役は初めてなので気合い入ってます!」とコメントしている。

さらに、編集長を務める浩史の元で働く部下でラッパーの黒田役に戸塚純貴、レブロン役に今井隆文、CRAZY舌役に櫻井健人が決定。
そして浩史を振り回す女性陣は、「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。」と言い放った、高校で一番かわいい女子生徒・山村役を玉城ティナ、浩史の部下で、浩史に想いを寄せアタックし続ける赤毛のヤリマンラッパー・岡田役を小西桜子、初恋の相手で自転車泥棒の吉野役を中村里帆、浩史の初体験の相手で、出会い系サイトに生きる車椅子のミキ役を安達祐実、高校時代の浩史役を青木柚、数々のアマレスリングで優勝し、浩史を鉄拳制裁で育てる父を光石研がそれぞれ演じる。

あわせてポスタービジュアルも解禁された。様々な女性に翻弄され、時にきずつきながらも、世界で一番大事な女性・アスカと出会い前向きに生きる浩史と、自由奔放さをもちながらも、浩史と出会うことで生き方を変えようとするアスカとの、日々の様子を切り取ったビジュアルとなっている。

MBS/TBSドラマイズム『死にたい夜にかぎって』は、MBSで2月23日(毎週日曜 24時50分~)、TBSで2月25日(毎週火曜 25時28分~)より放送開始。

山本舞香 コメント

今回演じるアスカはすごく可愛らしさもあるけど心の病を持っている子です。
このような役は初めてなので気合い入ってます!
村尾監督とは9年ぶりにご一緒するので凄く楽しみです。
監督はじめ、スタッフの方々もとても良い方ばかりなので楽しく撮影できそうです。
しっかりと台本を読み込んで自分なりに役を作り演じていけたらと思っています。

あらすじ

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」 当時、高校で1番かわいい女の子からそう言われた小野浩史(賀来賢人)は、この日を境にうまく笑えなくなったー。
母親には幼くして捨てられ、初恋の相手は自転車泥棒。女性に様々なトラウマを抱えた浩史が、橋本アスカ(山本舞香)と出会ったのは、音楽系のチャットルームだった。アスカが入室してくるたびに高揚する浩史の気持ち。初めて直接彼女と出会った時、アスカは変態に”唾を売って”生活していた…。その日から、人生最愛の彼女との最高で最低の6年間が始まったー。

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事