• HOME
  • テレビ・映画 , 映画
  • E-girls・鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」、佐藤大樹×橋本環奈W主演「小説の神様」主題歌に決定
鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」が「小説の神様」主題歌担当

E-girls・鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」、佐藤大樹×橋本環奈W主演「小説の神様」主題歌に決定

2020年中をもってグループ解散が決定しているE-girlsのボーカル、鷲尾伶菜のソロプロジェクト・伶の第1弾シングル「Call Me Sick」が、映画『小説の神様 君としか描けない物語』の主題歌に決定した。


映画は、相沢沙呼による「小説の神様」を、EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と女優の橋本環奈のW主演で実写映画化。
中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない、自分を見失い思い悩む高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪(橋本)の、すべてが真逆な2人の高校生小説家がまさかの共作で大ベストセラーを目指す⻘春物語。

主題歌に決定した伶の「Call Me Sick」は、“夢中になれる時間は今しかない!”と無我夢中で頑張る姿と、揺れ動く葛藤や不安な気持ちをエネルギー溢れる歌詞で描いた、勇気をもらえるポップな応援ソングとなっており、不器用ながらも諦めずに前に進んでいく登場人物らの心情をより一層引き立てる。
伶は、本編の冒頭の象徴的なシーンとクライマックスシーンの2つの重要なシーンの挿入歌も担当。書き下ろしの「こんな世界にしたのは誰だ」は、真正面から応援する主題歌とは打って変わり、誰しもが抱える不安や、わかっていてもどうにもできない葛藤をテーマにした一曲で、壁にぶち当たったときの孤独な気持ちに寄り添い、共感を誘う一曲となっている。
挿入歌には他に、同じくLDHアーティストのLeolaの「ないものねだり」「Lucky Me」と、琉衣の「一輪の花」「枯れゆく声」も決定した。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、5月22日(金)全国公開。

鷲尾伶菜 コメント

■本作の主題歌に起用された感想
ソロとして皆さんに聴いていただける最初のきっかけが、映画『小説の神様』の主題歌と聞き、本当に嬉しかったです。この映画に少しでも花を添えられるよう精一杯曲を届けたいと思います!

■楽曲に込めた思い
映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!

■ソロデビューして初の新曲となることへの意気込み
初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです! ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています。映画のエンドロールに合わせて選曲したので、主人公二人の感情に寄り添って聴いてもらえたらと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事