「みをつくし料理帖」衛藤美彩場面写真

元乃木坂46・衛藤美彩が遊女を熱演 角川春樹最後のメガホン「みをつくし料理帖」に出演

元・乃木坂46の衛藤美彩が、2020年秋公開の映画『みをつくし料理帖』に出演することがわかった。


「みをつくし料理帖」衛藤美彩場面写真

「みをつくし料理帖」衛藤美彩 場面写真
Ⓒ 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

ドラマ化もされた高田郁による同名の時代小説を松本穂香主演で映画化する本作は、角川春樹の生涯最後のメガホン作としても話題の作品。大洪水によって両親を亡くした主人公が、女料理人として運命を切り開いていく成長と、幼馴染との不変の友情を描く。

衛藤が演じる菊乃は、奈緒演じるあさひ太夫のいる翁屋の遊女。8歳の時に大坂の大洪水で主人公・澪と生き別れになった野江は、両親を失い路頭に迷う中、遊郭に身をおき、吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きていた。女たちが寄り添いながら自由を奪われ生きる中、時にあさひ太夫を気遣い、助ける献身的な遊女を演じている。
今回、衛藤の出演情報解禁にともない、場面写真も解禁された。

■ストーリー

時は、享和二年。大坂。8歳の澪(松本穂香)と野江(奈緒)は、暮らし向きが違えども仲の良い幼馴染だった。「何があってもずっと一緒や」と約束を交わす二人だったが、その約束の夜から大坂に大洪水が襲う。――それから時は流れ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」に、女料理人として働く澪の姿があった。あの大洪水で両親を亡くし、野江とも離れ離れになってしまった澪は、「つる家」の店主・種市に助けられたのだった。種市に天性の料理の才を見出され、女でありながら料理人として働いていた。しかし江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々を過ごしいたのだが、やがて「つる屋」の看板料理を見出していく。たちまち江戸でも評判になっていく店にある日、吉原の扇屋で料理番をしている又次(中村獅童)という強面の男がやってきた。吉原で頂点を極めるあさひ太夫のために澪の看板料理を作ってくれと頼むのだった。そして、この日を境に運命の歯車が動き出す。果たして、澪と野江は再会を果たせるのか? 幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事