日向坂46ドキュメンタリー映画ティザービジュアル

日向坂46、初のドキュメンタリー映画の公開が決定 デビュー1年目に密着し、輝きと苦悩描く

アイドルグループ・日向坂46の初のドキュメンタリー映画が3月27日(金)に公開されることが5日、わかった。


昨年2月にけやき坂46(ひらがなけやき)から改名し、1stシングル「キュン」が発売初週で47万枚を売り上げるなど華々しいデビューを飾ったアイドルグループ・日向坂46。
日向坂46ドキュメンタリー映画ティザービジュアル

日向坂46ドキュメンタリー映画ティザービジュアル

本作では、昨年末に「NHK紅白歌合戦」に初出場するなど、大躍進を遂げた日向坂46のデビュー1年目に完全密着。日々拡大するグループの人気。その裏側に隠れたメンバー1人ひとりの苦悩。自分たちだけの名前を手に入れてからもなお、常に危機感を持ち、「日向坂46」としての魅力を探し求める姿を描く。

先輩グループ・欅坂46の存在感に圧倒されながら、自分たちのアイデンティティを模索し続けた「けやき坂46」としての3年間。改名という大きな変化をきっかけに、最大風速で2度目のスタートを切った日向坂46。しかしその裏側で、メンバーたちは大きな壁を乗り越えようと必死になっていた。輝きと苦悩が交錯する彼女たちの記録。

制作は、TBSチャンネルで放送されているドキュメンタリー番組『セルフ Documentary of 日向坂46』で日々の活動に密着してきたチームが担当。映画の正式タイトルは後日発表される。

また、公開に合わせて彼女たちが本作を題材に、全国の中学校や高等学校で課外授業を行う特別企画が実施される。今まさに“青春”を過ごしている現役中高生たちに日向坂46は自らをテーマにどのようなメッセージを伝えるのか。夢を追うメンバーのリアルな声に注目したい。



竹中優介監督コメント

今回の作品では、日向坂46のデビュー1年目に密着する中で感じた彼女たちの魅力を、真摯に伝えることを目指しています。自分の役割としても、監督というより、まとめ人。取材を通して、メンバーそれぞれに魅力的な個性や信念があると感じ、下手な味付けをするよりも、素材の魅力を目一杯引き出すことが大事だと考えています。ドキュメンタリー番組「セルフdocumentary of 日向坂46」を制作していく中でも、一人ひとりの輝きに何度も驚かされました。これまでのアイドルグループにはなかった、彼女たちが持つ強い魅力。それをこの作品から感じていただけると思います。ファンの方はもちろん、それ以外の方が見ても、心がポカポカあたたかくなる少女たちのドキュメンタリーを、ぜひ劇場でご覧ください。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事