「水曜日が消えた」本ポスタービジュアル

中村倫也主演「水曜日が消えた」 謎に満ちた予告篇&ポスタービジュアル解禁

中村倫也主演の映画『水曜日が消えた』の予告編とポスタービジュアルが解禁された。


本作は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。

「水曜日が消えた」本ポスタービジュアル

「水曜日が消えた」本ポスタービジュアル

今回解禁された予告では、冒頭、主人公の“火曜日”が「毎日言っていることが違うから、ろくに友達ができない。」と、曜日ごとに入れ替わる7人の暮らしの様子がコミカルに描かれる。しかし、“水曜日が消えた”ことから事態は急展開。「あなたの中で異変が起きています」と医師・新木(中島歩)が忠告すると、「水曜日に来てたんだ。」と意味深な発言をする一ノ瀬(石橋菜津美)。瑞野(深川麻衣)や安藤(きたろう)など“7人の僕”を取り巻く人物が次々と登場し、“7人の僕”に降りかかる謎に交わっていく一方で、「仲間っていうか共犯者?」と話すのは“7人の僕”のうちの誰か――。この発言が意味するものとは――? さらにラストには「僕を見張れって?」というセリフも飛び出し、一体何が起きたのか、期待せずにはいられない映像に。

また、同時に解禁となった本ポスターは、“7人の僕”を演じる中村倫也にガラス状の亀裂が入り、曜日ごとに入れ替わる主人公を表したサスペンスを感じさせるようなビジュアルになっている。

映画『水曜日が消えた』は、5月15日(金)全国公開。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事