「小説の神様」本ビジュアル

佐藤大樹×橋本環奈「小説の神様」 真逆な2人が重要シーン“握る”本ビジュアル解禁

佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)と橋本環奈がダブル主演する映画『小説の神様 君としか描けない物語』の本ビジュアルが公開された。


「小説の神様」本ビジュアル

「小説の神様 君としか描けない物語」本ビジュアル
©2020映画「小説の神様」製作委員会

人気作家・相沢沙呼による同名小説を「HiGH&LOW」シリーズを手掛けた久保茂昭監督が映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない、自分を見失い思い悩む高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪(橋本)の、すべてが真逆な2人の高校生小説家がまさかの共作で大ベストセラーを目指す⻘春物語。

解禁された本ビジュアルでは、“ナイーブで売れない小説家”一也のどこか自信なさ気なパッとしない表情と、“ドSな人気小説家”詩凪の誇らしげで余裕を感じさせる2人の相反する表情とともに、色合いや背景からは2人の真逆さと“無限に広がる想像の世界”が感じられ、これまで500本以上のMVを手掛けてきた久保茂昭監督が熱を込める本編の映像美への期待感を煽る。

また、2人が手にする本の中には、共作をしていく中で明らかになっていく重要なシーンが描かれている。真逆な2人はどんなふうに一緒に物語を描いていくのか―? 共作ミッションへ向かう2人の痛烈な掛け合いと、心通わせ次第に互いに影響を受けていく様にも注目。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、5月22日(金)全国公開。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事