「桜の下で、エール篇」

白石麻衣ら乃木坂46メンバーが桜の下で乾杯 アサヒスーパードライ新CM完成

乃木坂46の白石麻衣、秋元真夏、新内眞衣、中田花奈が出演するアサヒスーパードライの新TVCM「桜の下で、エール篇」が2月12日(水)から全国で放映される。


新CMは、昔から気の置けない4人の仲間たちが、春の桜シーズンにお花見に行くため待ち合わせをするシーンから始まる。お花見を楽しむ中、突如白石が旅立ち宣言。ずっと苦楽を共にしながら頑張ってきた仲間の旅立ちを応援する形で4人が乾杯するという内容。

この4人でのCM撮影は今回が初めてとなったが、日頃同じグループで活動していることもあり、息の合った演技で撮影は順調に進んだ。
お花見中の会話を楽しむ4人の様子は、まさに「気の置けない仲間」そのもので、旅立つ仲間に対してエールを送る姿には、スタッフも心を打たれたという。それぞれのキャラクターが垣間見え、終始和やかな雰囲気に包まれた撮影現場となった。

撮影後には、新内の誕生日を出演者・スタッフでお祝いする一幕も。ハッピーバースデーの歌を全員で歌い、最後まで笑顔が絶えない現場となった。

2月15日(土)からは60秒の長尺バージョンも放映予定。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事