成田凌×清原果耶「まともじゃないのは君も一緒」

成田凌×清原果耶、初共演W主演「まともじゃないのは君も一緒」11月公開

11月公開の映画『まともじゃないのは君も一緒』で、成田凌と清原果耶がW主演を務めることがわかった。


予備校講師・大野は、独身・彼女なし。ずっと1人で大好きな数学の世界で生きてきた。今の生活に不満はないが、このままずっと1人なのかと不安になることもある。自分だって普通に結婚したい。ただ、普通が何かわからない。女の子とデートをしてもなんだかピントがずれているような空気は感じているが、どうしていいのかはわからない大野。教え子の香住はそんな大野を“普通じゃない”と指摘してくれる唯一の相手。大野は香住に「どうしたら普通になれる?普通を教えてほしい。」と頼み込むのだが・・・。

長編劇場映画デビュー作となった『婚前特急』(2011)で、多くの映画賞の新人監督賞を受賞し一躍注目を集めた前田弘二監督と、『そこのみにて光輝く』(2014)で、キネマ旬報ベストテン脚本賞、ヨコハマ映画祭脚本賞を受賞した脚本家の高田亮がタッグを組み、作品全体を優しい雰囲気で包みながらも、日常の中での人と人のコミュニケーションのすれ違いや距離感のズレ、不器用さを、毒気とコミカルさを交えて描くオリジナルストーリー。

「これはなに映画といったらいいのか。観ていただいた方に委ねようと思います」と語る成田は、「世の中の『普通』というものに馴染めない予備校講師、大野と『普通』を教えてくれる予備校生の香住、この2人のあったかい、いや、あったかい?つめたい?なんだかわからないけど愛おしいふたりの空気を吸ってみてください」と作品をアピール。
演じた香住役について「毒っ気が強いけど、とてもピュアな女の子」と分析する清原は、「監督から今までに見たことのない清原さんを見たい!と言われ、その言葉に手を引っ張ってもらいながら初めてご一緒させて頂いた成田さんと駆け抜けた日々でした。不器用な2人が紡ぐ奮闘記、自分だけの『普通』を選択する、願いにも似た暖かさを感じて頂ければ嬉しいです」とコメントを寄せている。
2020年、映画界・テレビ界の賞レースを席巻している2人のW主演、初共演に注目が集まる。

成田凌 コメント

これはなに映画といったらいいのか。
恋愛映画、コメディ映画、学園もの?予備校もの?いやー、難しいです。
観ていただいた方に委ねようと思います。
この役を演じて「普通」というものがなんなのか、わからなくなりました。
そんなもの存在するのか、あるのなら無くなってしまえ、と思いました。
世の中の「普通」というものに馴染めない予備校講師、大野と「普通」を教えてくれる予備校生の香住、
この2人のあったかい、いや、あったかい?つめたい?なんだかわからないけど愛おしいふたりの空気を吸ってみてください。笑

清原果耶 コメント

私が演じた香住は、毒っ気が強いけど、とてもピュアな女の子。
監督から今までに見たことのない清原さんを見たい!と言われ、その言葉に手を引っ張ってもらいながら初めてご一緒させて頂いた成田さんと駆け抜けた日々でした。
不器用な2人が紡ぐ奮闘記、自分だけの「普通」を選択する、願いにも似た暖かさを感じて頂ければ嬉しいです。
お楽しみに。

前田弘二監督 コメント

この映画は、世の中の〈普通〉に馴染めない、おかしな二人の物語です。
成田凌氏と清原果耶氏は全編を通して繰り広げられる、噛み合わない掛け合いの応酬に潜んだ感情の機微を一つ一つ丁寧に見事に演じ、二人の作り出した空気感がとっても可笑しく、愛おしく、時にクレイジーで、その魅力は想像を遥かに超えました。
「普通はどうなんだ?」「みんなはどう思うんだろ?」正論らしさや大多数の意見に流されやすい現代。きっと主人公二人の姿に気分がスカッとするはず。

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事