日向坂46

日向坂46が取材してみたい人は誰? 3期生・上村ひなのは坂道研修生から同期加入に喜び「心強い」

日向坂46の加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、東村芽依、 金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが21日(金)、都内で行われた日向坂46の新番組『日向坂46です。 ちょっといいですか?』(3・14スタート)の記者発表会に出席した。


番組は、日向坂46のメンバーが記者に扮して、世間の注目を浴びるSPORT選手や大物芸能人、旬な芸人、話題の会社経営者などに突撃取材する、“囲み取材スタイル”のトーク・バラエティ番組。
毎週土曜22:30から、ひかりTV、ひかりTV for docomo、dTVチャンネルで配信される。

「この中で一番うまく取材ができそうなメンバーは?」との質問に、加藤が「齊藤京子は見た目から想像がつかないギャップのあるかっこいい声を持っているんですけど、そのかっこいい声でズバズバ際どい質問もできそう」と話すと、齊藤は「年下の子には人見知りしちゃうんですけど、年上の方にはいくらでも喋れるっていう特技があるので、それを活かせたら」と頼もしいコメント。

イベント中にはメンバー同士での囲み取材にも挑戦し、佐々木と金村を囲んで「最近あった恥ずかしいことは?」「前世は何だと思いますか?」「恋人にしたいメンバーは?」「アイドルをやっていなかったら?」「1億円あったら何に使いますか?」「大トロっぽいメンバーは?」と質問攻めに。インタビュアーの立場を体験した齊藤は「2人がタジタジになっている姿を見て、超大物の方をタジタジにできるくらいの力を私たちが身につけなきゃなと思った。今の雰囲気を皆さんの前でも出せたら」と語った。

dTVチャンネル

「取材してみたい人」については、佐々木が野球が好きという理由から、シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏、齊藤は松本人志、金村は椎名林檎、小坂は声優の花澤香菜と女優の新垣結衣、加藤は「総理大臣」、上村はタレントの滝沢カレンとフリーアナウンサーの田中みな実と回答。東村は過去に冠番組で共演した吉本新喜劇の座長・小籔千豊の名前を挙げ、「MCをやっていただいた時に一度、小籔さんの昔の話を教えてもらって、すごい感動したので、もっとたくさん聞いてみたい」と話した。

先日、坂道研修生から高橋未来虹(「高」は「ハシゴダカ」が正式)、森本茉莉、山口陽世の3人が配属されることが発表された日向坂46。
すでに新メンバーと対面しているキャプテンの佐々木は、笑顔が素敵だったといい、「すごくみんな素直で、パッと会っただけで『日向坂っぽいな』と思った」と3人の印象を語る。新メンバーと同じく2018年の「坂道合同オーディション」から日向坂46(当時はけやき坂46)に加入し、3人と同期となる3期生の上村は「面識もあるんですけど、みんなとてもいい子なので、皆さん楽しみにしていてください」とアピール。同期が増えることについて「純粋にとってもうれしいです。心強くなりますね」と喜んだ。

3月18日からは日向坂46となって初の全国アリーナツアーがスタートする。4作連続でセンターを務めている小坂は「初めて行く地方でライブをやらせていただくので、まだまだ知名度も低いですし、いろんな地方に行って多くの方々に知っていただけるように、このツアーを楽しみたい」と力を込め、初めてのツアーとなる上村は「いろいろな土地でライブができるということで、初めての経験なので今からすごく楽しみです。たくさんライブをして、もっとハッピーオーラを皆さんに届けられたら」と意気込んだ。


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事