『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』初日舞台挨拶

千葉雄大と白石麻衣が北川景子&田中圭のサプライズ登場に感極まり涙

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が21日(金)に封切られ、千葉雄大、白石麻衣、成田凌が同日、都内の劇場で初日舞台挨拶に立った。


映画は、恋人が落としたスマホをきっかけに、やがて命を狙われることになるヒロインの恐怖と隠された過去が暴かれるという幾重にも謎が重なったミステリーとして、「スマホ世代」を中心に共感を集めた『スマホを落としただけなのに』(2018)の続編。
志駕晃によるシリーズ第2弾の同名小説を原作とし、前作で“過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を演じた千葉雄大が主演を務め、獄中の“連続殺人鬼”・浦野を前作での怪演が話題を呼んだ成田凌が続投。白石が、加賀谷の恋人で新たな事件に巻き込まれていく本作のヒロイン、松田美乃里を演じている。

舞台挨拶では作品の内容にかけて、キャスト陣に「落としたくないものは?」と質問。千葉は「やっぱり北川さんから受け継いだバトンですかね」と、前作で主演を務めた北川景子から主演を受け継いだ心情を吐露。「前作をたくさんの方にご覧いただいて、その時、一緒に宣伝とかもさせていただいて、お芝居はもちろんなんですけど、作品をお客さんに届けるまでの背中だったりが本当に尊敬できたので、そのバトンを落とさず、この作品も皆さんにお届けできたらいいなと思って」と真摯な思いを伝える。

すると、会場のスピーカーから「気持ちは届きました」と北川の声が響き、続いて「雄大、おつかれ」と、同じく前作に出演した田中圭の声も聞こえてくる。3人は周囲をキョロキョロ。舞台袖から2人がサプライズで登壇すると、会場は大歓声。千葉は思わず涙ぐみ、田中が「泣いてる!」と茶々を入れる。千葉は「本当にビックリしましたし、すごい大好きなお二人なので本当にうれしいです」と感激した様子で、成田が横からそっとハンカチを差し出すと、会場から黄色い歓声があがった。続いてコメントを求められた白石も涙ぐむと、千葉がそのハンカチを白石に差し出し、場内が笑いに包まれる一幕も。


北川は「千葉くんが主演で成田くんが引き続き出てくださって、まいやん(白石)がヒロインを演じると聞いて、なんて素敵な豪華なメンバーが『2』を作ってくれるんだろうと感動していて、番宣も本当にたくさんやっているのをずっと見ていて、(登壇する時に)扉が開いてみんなの顔が見えた時に私も泣きそうになりました。本当にお疲れ様でした」と3人に労いの言葉をかけた。
田中も「スマホシリーズ最高傑作」と太鼓判。北川から「まだ2作目だけどね」と突っ込まれつつ、「3人がとにかく素晴らしくて、本当に面白かった」と絶賛した。

最後に千葉は「今日という初日を迎えられて、うれしく思っています。北川さんと田中さんがまさか登場してくださって、晴れ舞台に一緒に立てて本当にうれしく思いました。キャストももちろんそうですけど、スタッフの方も、そして宣伝活動にご尽力いただいた皆さんも、誰一人漏らすことなく大好きで、そういう現場で撮影した作品なので、たくさんの方に届いたらいいなと思います。」と、目を赤くしながら話した。


TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事